<   2009年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

オーケストラの日祝祭管弦楽団演奏会@サントリー

通常のコンサートでは座ったことの無いRBの天覧席ブロック、見やすいし音響もよろし。ソリストもばっちり見えるし。
ここからみるヴァイオリンtuttiのボーイングは美しいことこの上ない。

2009年3月31日(火)ソワレ19時開演@サントリーホール
指揮:大友直人
ピアノ:小山実稚恵
R・シュトラウス:『ウィーン市祝典曲』よりファンファーレ
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調作品18
レスピーギ:交響詩『ローマの松』

管弦楽:オーケストラの日祝祭管弦楽団
コンマス:扇谷泰朋
各首席:2ndVn清滝徹(読響)、Va後藤悠仁(日フィル)、Vc渡邊辰紀(東フィル)、Cb西澤誠治(読響)、Ob本間正史(都響)、Fl相澤政宏(東響)、Cl伊藤寛隆(日フィル)、Fg井上俊次(読響)、Tp田島勤(読響)、Hr松坂隼人(読響)、日高剛(N響)、久永重明(読響)、Tb新田幹男(N響)

予想外に良かった!首都圏オケの多国籍軍。気分はWBCのサムライジャパンのオーケストラ版。
N響、日フィル、神奈川フィル、東響、シティフィル、都響、ニューシティ、東フィル、新日フィル、読響による特別オーケストラ。
そんなに期待していなかったのに、とってもとっても、厚い、熱い音楽でした。大友さんの上腕二頭筋に比例したマッチョな音楽(笑)。めちゃくちゃストレス解消!
小山さんのピアノ、しなやかなラフマニノフでした。
期待通りのローマの松、バンダ隊と舞台上オケとのやりとりがまるで花火で行われるテニスのラリーのように心地よい。最後の最後まで管も弦も全力投球、こっちも気合入りました。管の人なんて顔真っ赤だし、弦の人も弓の毛の消耗がすごい。
そしてアンコールはエルガー威風堂々第1番。バンダ隊はこれにも参加。これぞまさに威風堂々。
終演後、いろんなオケから集まった人々がそれぞれがっちり握手したり嬉しそうに談笑するのを見て私もにっこり。気分いいなぁ。
音楽は楽しくなきゃね。

本日の私的GJ賞:フルート相澤さん、ティムパニ岡田さん、オーボエ本間さん
 同 わくわく賞(見てて楽しくなった):2ndVn清滝さん、Vc謝名さん

ロビーでは参加オケのパネル、定期プログラムなど、さながらオーケストラの見本市、面白い!
こういうところに、単なる宣伝・ビラ配りではなく、きっちり自社?オケを理解し宣伝できる人を配置すればもっともっと楽しくなるはず。休憩時間も退屈しなかったです。

ちなみに関西を見ると・・・
在阪4楽団問題を解消するには今回の首都圏祝祭管弦楽団みたいに共同開催にすればよかったと思うのだが、それぞれのオケがそれぞれの企画。こういうときこそ、関西のお客さんを分散して自己オケの定期会員だけを呼び込むのではなく、がっちりオール関西で取り組むべきだと思うのだが。
大フィル、関フィル、センチュリー、シンフォニカ、それぞれのエースを連れ出した大演奏会、聞いてみたいと思いませんか?
[PR]
by felice_vita | 2009-03-31 22:36 | 国内オケ

謎の2010ウィーンフィル ニューイヤーコンサート

不思議なこともあるものよ。
今年は応募していないウィーンフィルニューイヤーコンサートの抽選結果(落選)が届いた。
昨年のエントリの際のメルアドが残っていたんだろうか・・・
当選してたらすごいけど。

************************************************************************
RESULTS OF THE DRAWING / NEW YEAR´S CONCERT 2010
************************************************************************

------------------------------------------------------------------------
This e-mail has been generated automatically.
Please do not respond to this message.
------------------------------------------------------------------------

Dear ******,

The annual drawing for tickets to the end of year concerts of the Vienna Philharmonic has now been completed, and we regret to inform you that your application was not among those selected. We are thus unable to offer you any tickets for the New Year's Concert on January 1, 2010.

We thank you for your interest and hope that you will participate in the next drawing for tickets to the end of year concerts 2010/2011, which will begin on January 2, 2010 at www.viennaphilharmonic.com.

We would like to take the opportunity to inform you of our new E-shop which is operated in partnership with Gramola Winter & Co, Austria's oldest record store. This shop can be reached over the website of the Vienna Philharmonic (www.viennaphilharmonic.com) or directly at https://shop.wienerphilharmoniker.at/en/magazin/welcome2 - Here you can order a wide variety of CD and DVD recordings of our orchestra. We would be happy to have you stop by!

With best wishes we remain

Your,

Vienna Philharmonic
[PR]
by felice_vita | 2009-03-30 20:15 | 海外オケ

世界フィギュア、ミキティ万歳

妹からすでに「真央ちゃんあかんかった、ミキティが3位に入った」と聞いていたので、テレビは見ないつもりだったんだけどたまたまつけたらミキティがこれからってときで。
みたら、すごいじゃないですかい、ミキティ。
ジャンプ決めるわ、スピード落ちないわ、スピンもきれいだわ、そしてステップの迫力が抜群。
サン・サーンスの3番、彼女にはフランス系作曲家の音楽が似合いますな。
オルガンが入る終盤は会場もスタンディングオベーションで私もオオッとこぶしをつくって叫んでおりました。
11月後半からこっち不運続き、ミキティとバイオリズムが被ってるんで、彼女が今回これだけ完全復活してくれるのを見たら私もなんか運気上がる気がします。
おめでとう、ミキティ!
[PR]
by felice_vita | 2009-03-29 20:55 | スポーツ

歌劇「トゥーランドット」@神奈川県民ホール

神奈川県民ホール・びわ湖ホール・東京二期会・日本オペラ連盟共同制作公演
2009年3月28日(土)14:00@神奈川県民ホール

指揮:沼尻竜典
演出:粟国淳
衣装:横田あつみ 衣装:合田瀧秀 照明:笠原俊幸
振付:松原佐紀子 音響:小野隆浩(財団法人びわ湖ホール)
舞台監督:大澤裕、牧野優(財団法人びわ湖ホール)
<キャスト>
トゥーランドット姫:横山恵子
カラフ:水口聡
ティムール:志村文彦
リュー:木下美穂子
アルトゥム皇帝:近藤政伸
ピン:晴雅彦 
パン:大野光彦
ポン:大槻孝志
役人:与那城敬

合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル・二期会合唱団
児童合唱:赤い靴コーラス
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

28日、29日とでダブルキャストのため、いずれの日にするかを大変迷いました。トゥーランドットをとるか、カラフをとるか。結局トゥーランドットの横山さんをとって28日を選択。
カラフがなぁ・・・中音域は安定してるのですが高音になると・・・これは好みの問題なんですけど。スポーツじゃないけどフィジカル的に日本人にはきついですね、この役。体力勝負。無敵の喉。
1幕でトゥーランドットを垣間見て彼女にすっかり魅了され、トゥーランドット!×3回名を叫ぶところ、カラフよりもペルシャの王子の声の方がよかったような気が。(ちなみに影声はびわ湖の竹内直紀さん)

姫(期待通り)とリューは安定していました。若手テノールのホープ与那城さん、あのマスクからもっと甘い系を予想していたのが硬派な声だったのが意外。近未来の衣装もよくお似合いで、これから年とともにどんどん声にもお芝居にも磨きがかかりそう。あとアルトゥム皇帝、舞台後方で歌われるときでも声がよく通る美声、存在感もあって今日のキャストの私的ベスト1です。
合唱はさすがに、うまい。むしろうますぎる、整いすぎたのが瑕疵って言える位。熱いものが伝わる前にそろい過ぎ。
北京のポポロ、残虐性をあわせ持つにはあの統制の取れすぎた合唱は冷静すぎて・・って贅沢ですかね。
でもプーティン・パオ、や、名前を告げろ、を連呼するところ、何度目になってもやっつけ的だれたところが出ない、さすが。

リューの死のところでは、あちこちからすすり泣きの声が。1幕の”お聞きください・・・”は1つ1つの音符を丁寧に歌いすぎてアリア全体としてのメロディのよさが消えてしまってましたが、3幕”氷のような姫君の・・・”になると断然声の調子が上がっていました
ところで木下さんの後援会ってすごいんですねぇ。ホールは行ってすぐにお花も届いているしチラシの中に後援会入会のご案内も入っていたわ。ブラヴァの声かかったの、木下さんだけだった。

でもでも。
本日の大殊勲はやっぱり指揮の沼尻さんです。
いやぁ、指揮者って仕事はかっこいいなぁと初めて思いましたよ、指揮者ってすごいって思うことはあってもかっこいい、って思ったことはあんましなかったんで。
私は3階の片翼前方でちょうどオケピットもよく見えて、特に幕の終わりは音楽も盛り上がるので、そのあたりからはむしろ舞台上よりも指揮とオケばっかり見てました。歌い出しの棒入れとかクライマックスに向けて怒涛のように揚げるところ、キャーってかんじですよ。
終演後、沼尻さんが急ぎ足に舞台に向かわれた後、オケも一斉にハケるのでオケもカーテンコールにのるのか?と思ったらそうでした。
ソリストがカーテン前でカーテンコールを済ませた後に幕があがると、オケのみなさんが舞台前方から後方まで段々にずらり。特に前方金管隊のみなさん、楽器を「砥石を回せ」の装置に見立ててえっこらさ、のポーズ。とってもいい雰囲気でした!

神奈川県民ホールからは横浜港が一望でき、びわ湖ホールとはまた違った味わいのある借景。
終演後は港に沿って散歩して中華街に出て豚まん食べて帰ってきました。横浜ってほんと神戸とおんなじだ、とデジャヴです。
横浜、いいなぁ。県民ホール、なんとなくフェスを思い起こさせるし。

舞台セットも衣装もとっても凝っていて、びわ湖2回、神奈川2回で終わってしまうのが本当にもったいない・・・ もう1箇所、愛知あたりを増やせないものでしょうか。

昨年は神奈川県民ホール・びわ湖ホール、確かベルリンコーミッシューオーパーのアンドレアス・ホムキ演出、CoProでのばら騎士で、まだ東京にきたばかりで泣く泣くスルーしてしまったのですが、やっぱりすごくよかったみたいで見なかったことを後悔。今年はトゥーランドットでしたが、来年は再びベルリン・コーミッシュ・オーパーの演出家(まだそのはず)アンドレアス・ホモキ演出でボエームだそうです。
[PR]
by felice_vita | 2009-03-28 20:29 | オペラ・オペレッタ

スカラ座のドン・カルロ!

2度の先行発売、しかも席種をいろいろ交えてトライしたのに、いずれも外れてしまい、本日の一般発売が最後のチャンスでした。
10時からネットと電話の両刀遣い、なんとか10時6分につながり、B席ゲットできました。
よかった~
世の中不景気と言われながらもさっすがスカラ座来日公演となると違いますな。
ドン・カルロはイタリアオペラのなかでダントツ愛するオペラ、しかもフィリッポ2世がルネ・パーペ様でございます。ムーティ指揮のDVDだけでもあの重厚なアンサンブル、舞台はお見事でしたから、それが生で見られるとなると、もういまからドキドキもんです。
[PR]
by felice_vita | 2009-03-28 10:32 | オペラ・オペレッタ

大変な1日

f0041305_1744916.jpg

成田出張でしたがえらい1日になりました。
ぐったりです。
出発便も大混乱ですが三連休あけの帰国便もジャンボが発着不可のためあちこちダイバートされてお気の毒…
[PR]
by felice_vita | 2009-03-23 17:04

伊勢丹新宿オーストリアフェア

今年2009年は日本とオーストリアの交流140周年だとか。
他にもイベントいろいろあるのかしら。
http://www.winesfromaustria.jp/index.php

f0041305_15395764.jpg

本当はグルジアワイン(伊勢丹には常備しているのです、キンズマラウリ。サペラーヴィも)を買うつもりが、オーストリアフェアで現地から生産者も来日。いろいろ試飲させていただきこの3本を購入。
ピノ・グリージオは週末手土産に。あとの2本はゆっくり寝かせてまた飲み好きな友人と集う場にでも持って行くかな。

・Pinot Grigio 2007 辛口の白。白にありがちな後を引く甘ったるいフルーティ癖が無くカルパッチョとか和食にあいそう。
・Zweigelt 2001 めっちゃ気に入った1本。カヴェルネ・ソーヴィニオンがうまく組み合わされコクがあります。
・Ausbruch 2005 甘み6:コク3:渋み1。デザートワインとしてぴったり。

オーストリアフェアは本日3月18日から31日まで。紹介ワイナリーは数日ごとにかわるみたい。
パンとかお惣菜コーナーもありますが、やっぱワイン!よね。

紹介文より
MEINLKANG
マインクラングはビオディナミ農法による醸造所としてオーストリーを代表するワイナリー。ブルゲンランド州パムハーゲン村にワイナリーがあり、冬はマイナス15度になることもあります。世界遺産に指定されているノイジードラー湖に近く、環境に恵まれています。畑の大きさは55ha。畑があるのは平地で風通しの良いミクロクリマ。寒暖の差が良い果実実を与えます。そしてこれが2003年から開始した栽培の難しいビオディナミを可能にしています。農家所有のアンガス牛や、ノイジードラー湖周辺の国立公園による協力のもとで、灰色牛、水牛、羊が役立っています。というのも、これらの動物の糞を堆肥にして調合し、価値の高い天然肥料としてブドウ畑や農場に利用しているからです。これはオーストリーのワイン業界でも類を見ない方法です。牛の骨やノコギリソウといったプレパラシオン5種類を自ら造りだすなど、徹底したBIOへの探求を進めています。
醸造技術や設備も同じくモダンなものです。タンクや樽醸成庫は温度変化が少ない地下7メートルにあり、ポンプは使わず、重力を利用して醸造ステップを進めています。ステンレスタンク中に酸素を送り込む方法を導入し、香りをよりフルーティーにしています。
2004年春よりDEMETER承認となります。DEMETERとはルドルフ・シュタイナー創立の世界で一番古く唯一インターナショナルなビオディナミ認証団体です。
[PR]
by felice_vita | 2009-03-18 21:09 | 日々雑記

最近読んだ1冊

『ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯』
ビルギット・ニルソン著 市原和子訳(2008,春秋社)

文句なしに面白い!
伝説のソプラノ歌手ビルギット・ニルソンですが、歌だけではなく筆のほうも達者です。
彼女のキャリアスタート、人生、そして方々に散りばめられた豪華な競演陣、指揮者の数々。
彼女だけの伝記ではなく彼女の時代に活躍していた音楽家の伝記でもあります。
カラヤン、ベーム、クライバー、ショルティ、サヴァリッシュ。
伝説としてしか知らないニルソンV.S.コレッリのトゥーランドット対決。
歌手がいかにレパートリーを広げていくか。
録音がどのように進められていくか。
バイロイト音楽祭の舞台裏とは。
書かれているエピソードのどれをとっても最高に面白い。
ぜひご一読あれ。


※ばら騎士ネタでひとつ。
元帥夫人は32歳、現代年齢だとまぁ40すぎくらいかと思っていたのですが、本著ニルソンによると「56歳くらい」。
なるほど!
[PR]
by felice_vita | 2009-03-14 09:25 | 読書

新国立オペラ研究所公演『カルメル会修道女の会話』

開演2分前滑り込みセーフ。5分押しでスタート。

2009年3月13日(金)18:30
新国立劇場 中劇場
新国立劇場オペラ研究所公演『カルメル会修道女の会話』
管弦楽:東京ニューシティ管弦楽団
指揮:ジェローム・カルタンバック
演出:ロベール・フォルチューヌ

13日のキャスト
ド・ラ・フォルス侯爵:駒田敏章
ブランシュ・ド・ラ・フォルス:上田純子
騎士:城宏憲
マダム・ド・クロワッシー:小林紗季子
マダム・リドワーヌ:中村真紀
マザー・マリー:堀万里絵
コンスタンス修道女:鷲尾麻衣
マザー・ジャンヌ:茂垣裕子
マチルド修道女:東田枝穂子
司祭:糸賀修平
第1の人民委員:村上公太
第2の人民委員:駒田敏章
看守:近藤圭
ティエリー(従僕):能勢健司
ジャヴリノ(医師):能勢健司
役人:駒田敏章

12月に新国立美術館でクリスマスコンサートを聞いた方々が出演のプーランクのオペラです。
いやはや、なんというか、このオペラ・・・音楽はとっても美しいんですが。
ラストシーンには度肝を抜かれるというよりも、私、はっきりいって気分悪くなってはきそうに・・・
断頭台のシーン、セットはなくギロチンが落ちる音だけなのにものすごくリアルで、それが16人続くともうダメです。終わった後の後味の悪さと言ったら。(私には。)立ち直るまで30分はかかりました。

幕開けのオーケストラとか、全般に流れるプーランクの音楽、オーケストレーションは、設定している時代的にも被るせいか、ミュージカル「レ・ミゼラブル」なんですね。あ、レ・ミゼがこれに近いと言うほうが正しいですね。4拍子でラ・ド・ソ・ラ~ と繰り返されるプーランク、ラ(オクターブ下)・ラ・ラ・ラ~、と繰り返されるレ・ミゼです。調性、リズム、テンポもそっくり。
特徴あるアリアもなく、淡々と流れるオペラ。おフランスですが、なにげにワーグナー見てる気分。物語の運びとか拍手なしとか(大劇場じゃラインゴルトやってるしさ。) 前半の舞台終わったときもだれかが拍手してくれるまでここで2幕終わりってわからんかった。
6時半に始まって休憩になったのが8時半ごろ。座りっぱなしでかなり腰にきます。しかも研修生公演だし前半は仕事疲れもあって夢うつつ。フランス語のディクションがね、やっぱきついかな。特に前半。
1ぺん見たら十分なオペラかな。もう繰り返し見たいとは思わない。私にはストーリーが残酷すぎてダメです。
舞台美術は簡素だけどセンスがよくって美しい。ライティングがこれまた素晴らしくって。休憩まで長いぶん、舞台展開も多いのですが紗幕をうまく使って転換時間も最小限で無駄が無い。

キャスト、みなさん研修生なのでまだまだ発展途上人。
その中でのお気に入りは
第1位 司祭の糸賀修平さん。ブリリアントな声のテノールさんです。本来はイタオペだろうな。一声聞いた途端「おっ!」と思わせる、惹きつけられる輝きのある声です。トスカのカヴァラドッシとかね、ドンジョのドン・オッターヴィオとか。「妙なる調和」なんてさぞ美しく歌われることかと。あ、ばら騎士のテノール歌手も彼で聞いてみたい。
第2位 リドワーヌ院長の中村真紀さん。全音域に渡って安定ある歌声で、しかも鼓膜に心地よい響きのソプラノさんです。声量もあるしよく通る、空気中の蒸気にしっとりと浸透して美しく空間を包み込むお声です。
以上の2人に決まり!
最近の人はスタイルよくって立ち姿も美しい。でも声もそれについてくる、、、とは一概には言えないところがね。フランス語ってこともあるのでしょうがものすごくがんばってる感がやっぱり一番前に出てしまう。
このオペラは修道女っていうくらいなので女声キャスト上位。男性は出番も少なくってちょっと気の毒かな。

陰鬱な空気がカーテンコール、演出家が舞台袖から引っ張り出された途端明るく変わりました。
オペラは暗いストーリーでもカーテンコールで救われるわ。ここが映画と違うところですね。

それから、オペラ見るには私はオペラパレスよりも、今回の中劇場くらいの広さのほうがしっくりきます。
あと新国オペ研の講師陣って豪華だな。これだけの人的・資金的なバックアップ受けているところだし、狭き門をくぐって研修生になった方々には、ほんと、日本をしょって立つ歌い手さんになってほしいです。

ああ、それにしても当分悪夢にうなされそう・・・ 気弱な方は絶対に見ないほうがいいです。
[PR]
by felice_vita | 2009-03-14 00:25 | オペラ・オペレッタ

JAL 岡山ー東京線搭乗キャンペーン

全然知らなかった・・・
2009・3・1~5.1、岡山発東京行きJL1680、1682便搭乗で、モノレール往復乗車券がもらえるキャンペーンなど開催していたとは・・・
そんなこと知らないものだから搭乗前に京急+JRのチケット買ってしまってたよ。もったいない。

プッシュバックから前進態勢へ入ったところでいつものように窓の外をながめると、整備担当の方だけでなくGHの方まで揃って「ご搭乗ありがとうございます」の大きな幕を手にされお見送り。
こういうのってぐっときます。
あと大分前から始まっていたのかはしらないけれど、スポットに着いて機体と出口をつなぐ蛇腹状通路?の接続部分に、岡山整備班の方の写真、紹介が掲げられるようになっていました。
こういうところを見てもJLがんばってるなぁと思います。
[PR]
by felice_vita | 2009-03-09 21:11 | 国内旅行