<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Prost!キリンカップ勝利

超久しぶりに国歌斉唱から見ることができた。
(独唱はカナメさんやった。彼女は私の中じゃ歴代のタカラジェンヌの中で一番歌うまいと思う。声の操り方はもちろんピッチの正確さといったら他に追従を許さず。)

しばらくみないうちに日本、変わったなぁ(感嘆の声)!
4年前なんて、敵陣ゴール前に入る余裕なんて殆どなかったのに、がんがん切り込んで行ってるし、細かいパスがシャープにつながるようになり、しかもゴールにかける思いの強さといったら!
草食系男子が話題になる中、ルックスは装飾系ながらもメンタルは熱い肉食系男子集団、かっこいいぞ。

来週はついにウズベク戦。
これできまるとまたまた世界で一番早くW杯出場決定となるとか。
がんばれ、ニッポン!
[PR]
by felice_vita | 2009-05-31 21:21 | スポーツ

不景気の影響?

ゲルギエフ&マリインスキー管弦楽団の4日間公演、通しチケット無事ゲット。
電話は30分でつながった。ネットに比べやっぱり疲れる・・・
さっそくぴあで発券し帰宅。(電話予約って手数料かからないのね。だから電話の方選ぶ人多いのかな。)
NHK音楽祭含めゲルギエフとの5日間、今から楽しみ!
f0041305_1947551.jpg
(日本公演の宣伝写真っていつも熊的ゲルギーだな・・・)
で帰ってきてネットで単回公演みると、末席以外すべて空席ありじゃないか。
ただ、11月29日のチャイコだけは売り切れ。でもって電話で席を選んでたときも「このブロック売り切れました」と。私の本命はショスタコだったので12月の座席をさきに押さえてからチャイコに戻ったところ無事RB復活。座席選ぶのってタイミングが難しい。
でもチャイコが先に売り切れるのか~~~。私は絶対にショスタコが一番人気だと思ってたんだが、対外的にはやっぱりメジャーなところから売り切れるんだな。それともユンディ・リのファンが多いのか?
札幌はチャイコ5番もやるんだ・・・ 

このところの来日名門オケ、空席が目立つな、という印象があったが、やっぱり不景気の影響?
サイトウキネンも小澤オペラ塾も、NHK音楽祭もまだ空席あるし。ウィーンフィルですら日にちによっては空席が・・・
チケットとりやすくっていいんだけど、これだったら発売初日からあせってとるまでもないのかとも。

でもこうも空席が目立つようになると、そのうちjapanパッシングもありうるかも。
[PR]
by felice_vita | 2009-05-31 12:20 | 海外オケ

新日本フィル 第446回定期@トリフォニー

音楽とはかくも個人の嗜好、主観に左右されるものなり。
先月の定期ではまったくダメだったので、私とホールとの相性が悪いのかとも思ったのだけど、今日は無問題。どうやら指揮者との相性らしい。(方々で大絶賛の上岡さんだけど私はダメみたい。来シーズンは日フィルでも客演あり。)

新日本フィルハーモニー交響楽団
トリフォニー・シリーズ
第446回定期演奏会

指揮:クリスティアン・アルミンク
ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ
コンマス:崔 文洙

ワーグナー:歌劇『さまよえるオランダ人』序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
ワーグナー:
楽劇『ニーベルングの指輪』より
・『ラインの黄金』より「ワルハラへの神々の入城」
・『ワルキューレ』より「ワルキューレの騎行」
・『ジークフリート』より「森のささやき」
・『神々の黄昏』より「自己犠牲と救済の場」

アルミンク王子、ワーグナーお得意なのか(私は新参者なので知らない)、のっけのオランダ人からぐっと会場の空気をとらえ奏者・観客とも演奏へ持っていく。パート間のバランスもとてもよく、金管が咆哮してもびくともしない音楽。いいぞ!

ベートーヴェンのピアノソロ、アンデルシェフスキさん。1968年ワルシャワにポーランド人、ハンガリー人の両親のもとに生まれる。
ピアノの音色は無邪気で優しく、演奏はとても自由。ベートーヴェンというよりもモーツァルト、いや、モーツァルトというよりもジャズを聴いているみたい。遊び心に溢れ、おおらか。オケとの相性もGood。なんともお洒落なベートーヴェンでした。彼の音、誰にも真似できない。夢の世界で聴くピアノってこんな音なのかな。
アンコールはバルトーク 「チーク地方の3つのハンガリー民謡」、初めて耳にする曲だが、とってもイージーリスニング。バルトークってこんなアンニュイな曲かく人だったの?それともピアニストの力量?
癒し系のCDに入ってそうな心が洗われる夜聞くにはぴったりの曲。

休憩挟んでリング。
各劇から1曲ずつ、間に拍手なし。4曲終わってみると、気分的には4夜通しで見た(聴いた)気分になるから不思議。オペラ自体にいきなり入る前に、こういうところから入っていくとワーグナーもとっつきやすいかもしれない。私はいきなりオペラから入り、しかも事前予習なしで見てしまったものだから(ワーグナーの初生オペラはパルジファル。リングとかトリスタンならまだしもいきなりこれだった)、間に拍手が無い、イタリアものとまったく異質の途切れなく進む音楽に、どう反応してよいやら右往左往してしまったのだった。
ジークフリート、森のささやきのハミングバードを奏でるクラリネット、フルート、オーボエが下手な歌で聴くよりも効果的。新日はメンバー配置図があるので便利。クラ澤村さん、フルート白尾さん、オーボエ古部さん、音のバトンリレー大成功。
ティムパニの早打ち、すごい。リズム感の無い私には神業。しかも2台並んで動きもシンクロとなると音的にも視覚的にもインパクト大。

あまり期待してなかったのに、思いのほか大満足の公演でした。

ところで最近、音楽の国以外の出身の音楽家が目立ちますね。北欧、バルト三国、旧東側。
[PR]
by felice_vita | 2009-05-30 19:40 | 国内オケ

今年もサイトウキネン

信じられないことに10時発売同時につながって予約完了。
本命はBプロながらも、9月はスケジュール上厳しく、時間があれば六本木のパブリックビューイングに参加することとして、戦争レクイエムとAプロに。
戦争レクイエム、人気無いのか?15分たったときに見ても末席までALL購入可能だった。。。

とりあえずは無事チケットゲットで、今日以上に本命なのは明日のマリインスキー。
ネットのほうは早くつながるのに、電話予約は鬼門、完敗、の私。
セット券は電話しかないのでめっちゃ不安。

2009.5.31追記
サイトウキネンのホームページに、小澤さんが戦争レクイエムに寄せられたコメントが掲載されています。
http://www.saito-kinen.com/j/program/opera_01/
[PR]
by felice_vita | 2009-05-30 10:58 | 国内オケ

読売日響 第482回定期@サントリー

2009年5月28日(木)19:00~
読売日響 第482回定期演奏会@サントリーホール

指揮:オラリー・エルツ
ヴァイオリン:バーナバス・ケレマン
コンマス:小森谷 巧

シベリウス:組曲<レンミンカイネン>作品22から
  トゥオネラの白鳥
  レンミンカイネンの帰郷
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番 ト短調 作品63
ラフマニノフ:交響的舞曲 作品45

昨年ルツェルン交響楽団来日時に聴いたオラリー・エルツ氏の指揮、オケがかわるとどんなものかと楽しみにしていた。
1971年、エストニア生まれ。
指揮棒は譜面台に置いたままで用いず。細かなところで時折ふっと全体がぼやけるところがあり、渾身の指揮ではあるのだが総合評価を下しにくい本日の演奏。2回聴いても私にとってはまだ未知数。曲によってまったく印象が違うのだ。不思議系指揮者。

ヴァイオリンのケレマンさん、1978年、ブダペスト生まれ。使用楽器はハンガリー国より貸与されている1742年製グァルネリ・デル・ジェス。
月曜日にストラドを聴いた印象がまだ耳に残っており、グァルネリとの違いが鮮明。グァルネリはかなり癖がある。ストラディヴァリウスが輝くダイヤモンドならこちらは黒真珠。ひとなでで鳴いてくれる楽器ではない。何度も何度も丁寧に磨いて生まれる輝き。アンコールはバルトーク、無伴奏ヴァイオリンソナタ~プレスト。いかにもバルトーク!暴れ馬を乗りこなすような、また原油の沸き立つ様を覗き込んでるような気分。(どんなんだ)
自身の演奏が終わった後半は客席にて鑑賞という姿勢にぐっときた。
それにしてもやっぱりプロコはええなぁ。

後半のラフマニノフは集中力が高く、かなり締まったものとなった。オーボエの双璧、お見事。また打楽器陣、素晴らしかった。弦はいつもながら美しいボーイング、そして高音弦低音弦に関わらず、低音域の演奏が渋いっ。
この曲に、一番力を注いでたんだろう、気合が違った。
ラフマニノフ、ロシアの郷愁がたっぷりつまった名曲也。
[PR]
by felice_vita | 2009-05-28 22:44 | 国内オケ

第8回ストラディヴァリウス サミット・コンサート2009 Bプロ

ウルトラ・スーパー・弦楽アンサンブル集団!2009年で一番のコンサート!

2009年5月25日(月)19:00@サントリーホール
ストラディヴァリウス サミット・コンサート2009

演奏:ベルリン・フィルハーモニック・ストラディヴァリ・ソロイスツ
プログラムB
モーツァルト:ディヴェルメント ヘ長調KV138
スーク:管弦楽のためのセレナーデ 変ホ長調 作品6
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」より「四季」
<アンコール>
グリーグ:ホルベルク組曲より第1楽章
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ
チャイコフスキー:弦楽セレナーデより第2楽章 ワルツ

<ヴァイオリン>トーマス・ティム(BPO,2ndVn,第1首席)、ゾルタン・アルマジ(BPO)、
リューディガー・リーバーマン(BPO)、スタンリー・ドッズ(BPO)、セバスティアン・ヘーシュ(BPO)、
ベルンハルト・ハルトーク(元BPO、現DSO第1コンマス)、アレクサンダー・イヴィッチ(BPO)
<ヴィオラ>マシュー・ハンター(BPO)、ヴァルター・キュッスナー(BPO)、
<チェロ>ルートヴィヒ・クヴァント(BPO、第1ソリスト)、クヌート・ウェーバー(BPO)
<コントラバス>ヤンネ・サクサラ(BPO、第1ソリスト)

ディヴェルメントでは温かみの溢れる、芳しい音色。
スークでは昔語りを暖炉の傍できくような落ち着きと安心感。
そしてそして。
ヴィヴァルディでは、もう・・・ 一線を越えてしまった音楽!
超クラシック。
スリリングでエロいのだ。
季節ごとにソリストが替わり、これでもか、これでもか、と攻めまくる。
楽器はすでに身体の一部、その技術をして観客を泣かせる0.1歩手前で引きとめて泣かせてくれない。
聴き手を音楽にゆったり身を任せさせるのではなく、ナマの演奏の場にいることを意識させながら拷問的にf踏み絵のようにスコアに目を向けさせる。
こんなん、ありなのか!?!?
恍惚のThe Four Seasons。
銘器ストラディヴァリウスを手にしたヴィルトオーゾ集団の演奏は神がかりというよりも魔王的。
もう、どうにでもして~というかんじ。

やばいよ、こんなん聴いちゃったら。
これからクラシックをどう聴いたらよいのだろう・・・

プログラム終わったところで20:50.そこからアンコールで終わったら21:15.
出し惜しみなし。

幕間もそうだったが終演後も、まるで集団ヒステリーにかかったかのように公演プログラム(2000円也)とCDが売れまくっていたのだった。
興奮の一夜。
すごいもんです。
[PR]
by felice_vita | 2009-05-25 23:12 | 海外オケ

平和な一週間

この1週間はありえないくらい平和。先週がきつかったこともあるけど、平和すぎて恐いくらい・・・
火曜日以降ほぼ定時に終業。なのにこういう週に限ってコンサートひとつないんだな。
来週出社早々、事件起きてなければいいけど。

昨日は超久しぶりに同僚とフレンチに。
かけつけ1杯の生中、そのあとの赤ボトル1本を抜いたばかりのところで同僚が体調不良で帰宅。私は平和な一週間だったのに比べ、彼女のところは緊急案件飛び込んできて大変だったからなぁ。
で、一人でボトル1本、追加でグラス1杯飲んでしまった。。。 今朝起きたら久しぶりに二日酔いチック。
f0041305_1038266.jpg

やっぱり赤はフランスものが一番だな。このワイン、これぞボルドー、な味でとっても気に入りました。
CRU MONPLAISIR、値段も手頃、個人買いリストに追加します。

ワインリスト見てて、サンテミリオンっていまこんなに高いんだ!と驚愕。
このところ落ち着いた風に見えるがフランスワインの高騰ぶりといったらもう。。。投資のためにワイン買うなよ(怒)
[PR]
by felice_vita | 2009-05-23 09:50 | 日々雑記

報道の責任

関東でも新型インフルエンザ感染者が確認された、とニュース速報が。

「ついに○○人を突破」とか数の増加をゾクゾクと伝えるのは、わざと状況を煽っているとしか思えない。
悪意のある見方をすれば、バーチャルの世界、人事のように、現状を面白がっているかのような。

これまでの報道は、感染者の数とか、どのように感染したのかルート不明、とか、どうしようもないことばかり。
感染者確認されてから1週間以上たっているのに、これからどうするか、の方針がまったく示されていない。
それよりももっと実のあることを知りたい。

マスクって本当に有効なのか。
諸外国の対策はどうなのか。
WHOの指針は。

一昨日の朝の通勤電車でのこと。
車両のはしっこにいた女性がひどくせきこみはじめると、乗客一斉に冷たい視線を走らせる。
さらにせきこむとおもむろにマスクを取り出す人々。
なんだか恐い。感染する、云々ではなく、そういう人々の反応が。くしゃみひとつおちおちできやしない。

異分子があると徹底的に排除する、いかにも、な。
日本って共存ではなく排除な国なんだなと。

先週職場でマスクが一人当たり5枚配布された。
報道でも、社内の対策でも「予防のためにマスクを」とアナウンスすれど、昨日今日と数箇所のドラッグストアを覗くも「マスクの製造元の在庫切れ」の表示。
肝心なときに足りなくなるんじゃ、どうしろというのか。
オイルショックのトイレットペーパーならぬ、マスクパニック。
私としては、予防でマスク、っていうのは疑問。
[PR]
by felice_vita | 2009-05-20 22:09 | 日々雑記

なんとか

f0041305_1753175.jpg

神宮球場、今日こそ勝つぞ
[PR]
by felice_vita | 2009-05-17 17:53

晩秋のゲルギー&マリインスキー4日間公演

ついに発表。
ジャパン・アーツのサブタイトル”激震の4日間”には私の個人的期待も同意。
スケジュール的には週末2日間と仕事も谷間時期の平日2日、でクリア。
ショスタコはマスト。ラストのストラヴィンスキーもシメで聴きたし、、、だったら初日のムソルグスキーもだしゲルギーでチャイコ4番も。。。通しチケットでいくか?でも会員じゃないので一般発売の電話でしか買えないってつらい。
よく考えるとNHK音楽祭のゲルギー日が11/30だからもし通しで行くとしたら5日間連続になるな・・・

[日時]
2009年11月28日(土) 19時開演 サントリーホール
2009年11月29日(日) 14時開演 サントリーホール
2009年12月1日(火) 19時開演 サントリーホール
2009年12月2日(水) 19時開演 サントリーホール

[出演]
ワレリー・ゲルギエフ Valery Gergiev (指揮/General Director and Principal Conductor)
ミハイル・ペトレンコ Mikhail Petrenko (バス/Bass) <11/28>
ユンディ・リ [李雲迪] Yundi Li (ピアノ/Piano) <11/29>
アレクサンドル・トラーゼ Alexander Toradze (ピアノ/Piano) <12/2>
マリインスキー歌劇場管弦楽団 The Mariinsky Orchestra

オール・ロシアン・プログラム!

11月28日(土) 19時開演
≪ムソルグスキー MUSSORGSKY (1839-1881)≫
歌劇「ホヴァーンシチナ」序曲 Overture to opera “KHOVANSHCHINA”
交響詩「はげ山の一夜」 “A NIGHT ON BALD MOUNTAIN” Symphonic Poem
歌曲「死の歌と踊り」 Songs and Dances of Death
[バス:ミハイル・ペトレンコ Mikhail Petrenko, Bass]
組曲「展覧会の絵」 (ラヴェル編) “PICTURES AT AN EXHIBITION” Suite (arr. Ravel)

11月29日(日) 14時開演 
≪チャイコフスキー TCHAIKOVSKY (1840-1893)≫
序曲「1812年」 “THE YEAR 1812” Overture Op.49
ピアノ協奏曲第1番 Piano Concerto No.1 in b flat minor op.23
[ピアノ:ユンディ・リ(李雲迪) Yundi Li, Piano]
交響曲第4番 Symphony No.4 in f minor op.36

12月1日(火) 19時開演
≪ショスタコーヴィチ SHOSTAKOVICH (1906-1975)≫
歌劇「鼻」より Several pieces from opera “THE NOSE”
交響曲第1番 Symphony No.1 in f minor op.10
歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」より Several pieces from opera “Lady Macbeth of the Mtsensk District”
交響曲第10番 Symphony No.10 in e minor op.93

12月2日(水) 19時開演
≪ストラヴィンスキー STRAVINSKY (1882-1971)≫
バレエ音楽「カルタ遊び」 “A Card Game” Ballet Music
ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ Capriccio for Piano and Orchestra
[ピアノ:アレクサンドル・トラーゼ Alexander Toradze, Piano ]
バレエ音楽「春の祭典」 “THE RITE OF SPRING” Ballet Music

[料金]
S\20,000 A\17,000 B\13,000 C\10,000 D\7,000

≪11/29(日)≫→ユンディ・リ代?
S\22,000 A\19,000 B\15,000 C\12,000 D\9,000

このところの来日オケを考えると適正価格。
[PR]
by felice_vita | 2009-05-17 09:43 | 海外オケ