<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

NHK音楽祭2009 ゲルギエフ&N響

N響が自分の好みかどうかは別として、日本でもトップクラスのオーケストラであることは間違いないです。

~オーケストラが奏でる故郷の名曲 ロシア・日本~
2009年11月30日(月)19:00@NHKホール
NHK交響楽団
指揮:ワレリー・ゲルギエフ 
ピアノ:アレクサンドル・トラーゼ
コンマス:篠崎史紀

芥川也寸志:弦楽のための三楽章「トリプティーク」
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
チャイコフスキー:交響曲 第6番「悲愴」

1曲目、「トリプティーク」、なんと美しくやさしいメロディーなのでしょう。今回の音楽祭のテーマ、「故郷」日本の古きよき時代、日本人の心の原風景を音楽で描き出すときっとこのようなメロディーに違いありません。宮崎アニメに出てくる深いけれども温かみがありかつ荘厳な森、そこまで見通せる澄んだ小川が目に浮かびます。
プログラムによると25年前に初来日したゲルギエフの招聘元となった日ソ音楽家協会の代表が芥川也寸志だったとか。今回演奏された芥川氏の音楽、2曲目のプロコPf協奏曲3番のメロディーと通じるところがあります。

その2曲目ですが、ピアノのトラーゼさんのやんちゃぶりといったらもう・・・苦笑。まるで重体で救急救命室に運ばれた患者に何が起こっても対応できるようドクター(ゲルギー)と看護師長(まろさん)が構えている、の図です。
私の中ではこの曲は、初夏に蒸気船に乗って川下り、というイメージなのですが今回の演奏、激流下りというか、ディズニーシーのインディアナ・ジョーンズというか、絶叫マシンに乗ったような、スリリングを通り越してひやひやしっぱなしでありました。
無事演奏が終わったときはほっと胸をなでおろしやれやれ、と。でもま、面白かったといえば面白かったけど、この曲のよさはね・・・。これを通してオケにおかしくも一体感が生まれたようで。怪我の功名。

休憩挟んで後半、悲愴。
私の中ではチャイコフスキー、ツボにはまるのは5>4>6の順、でおりしもこの順序でバイエルン、マリインスキー、今回のN響を聞いたわけですが、一番私の中では遠いこの曲、今回はかなり好印象を持ちました。
ゲルギーの指揮はやはりどんどん変わってきていますね。昔のイケイケドンドンの印象が、今は彼のどこを一番聞きたい、一番よいと感じるかというと、かわいらしさとロマンティックさを伴うところ。日本語でいう「いとをかし」さをとても大切にしているな、と思っています。今回でいうと2楽章~3楽章にかけて。
3楽章になるとオケもかなりエンジンが加速され、周回軌道に乗った演奏、特にヴィオラははじめから統一感があり音色もよかったのですがますますエキサイト、それにつられるようにVn1番2番もゾクゾクするような演奏。
クライマックス、演奏を終えた奏者がひとり、ひとりと楽器を膝に下ろすシーン、カルメル会修道女の対話のラストシーンを思い出し、ただでさえ悲痛な音楽に胸をかきむしられるよう。
特筆すべきは演奏が終わってから、ゲルギーの腕が完全に下ろされ、それからもしばらく続いた静寂。
ラジオをお聞きだったみなさま、あれは技術者が消音したのではなく本当の静寂だったのです。
鳥肌立ちましたよ。。。

ヴェルレクではあれほどペーパーでも直前のアナウンスでも「余韻を楽しむ」よう拍手を自粛するよう言われててもまったく意味をなさなかったのが、今回はうそのよう。

というわけでかなり満足度の高い演奏でした(管とか打楽器には不満も残るけど)。マリインスキー前半2日よりも今日のほうがよかったかも。
明日のマリインスキーのショスタコに活かされることを期待しつつ・・・
[PR]
by felice_vita | 2009-11-30 22:44 | 国内オケ

ゲルギエフ&マリインスキー チャイコフスキー・プロ

ゲルギー2日目。本公演は完売。会場はユンディ・リ目当ての女性でいっぱい。この間のブルックナーとは客層まったく正反対であります。あと満席なところが昨日とまた違います。

2009年11月29日(日)14:00@サントリーホール
ワレリー・ゲルギエフ指揮
マリインスキー歌劇場管弦楽団
<チャイコフスキー・プロ>
序曲『1812年』 op.49
ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 op.23
 Pf:ユンディ・リ
交響曲第4番 ヘ短調 op.36
♪アンコール
「眠れる森の美女」より"ワルツ”
「くるみ割り人形」より”トレパーク”

オケのみなさん、ようやくひとところに落ち着くことができ疲れ度合いもちょっと違ったのでしょうか、清々しく?始まった1812年です。
で、この曲聴きながら思ったのであります。オケ、がんがん鳴ってるんですが何かが違う。それは何かといいますと、このところ立て続けに聴いたのはコンサート・オーケストラ、そしてマリインスキーは歌劇場付きオーケストラであるということです。
今日は聴衆もオケも昨日とは違ってかなりコンディションよく見えたのですが、それでも私が感じたのは、感情に訥々と訴えかけてくるのではなく、脳(視覚)に訴えかける音楽だな、と。昨日よかったのは本編「死の歌と踊り」、アンコールのオネーギン、いずれもオーケストラ単独で作り上げる音楽ではなく歌手やダンサーと一緒に作り上げるもの。
本日の演奏では、ピアノ協奏曲。
ソリストからオケがtuttiで音楽を引き継ぐ瞬間でオケにとても熱が入っていて、オペラでは歌手がアリアを歌い上げた後のオケの盛り上がりだったり、バレエならダンサーの驚異的な跳躍やターンといった見せ場でのそれというのでしょうか。
普通なら、音楽のツボでオケが盛り上げてそこで泣きそうになるところ、マリインスキーの場合その瞬間感情が切り離されて視覚的なもの、画が浮かぶのですよ。なまじ、ツボにはまりまくったヤンソンス&バイエルンのチャイ5が記憶に新しいだけに余計にその違いが鮮明で。
うまく表現できないのがもどかしいのですが、歌劇場の現場では、「このテンポでは踊れない」、「歌えない」といったところをオケが体質的、感覚的に理解していて、人間の動きや呼吸に合わせた演奏をし、かつ盛り上がるシーンでは、オケの前に歌手・ダンサーありきでそこを煽りたてるように少し冷静になった演奏をするように染み付いているのではないでしょうか。
今回のアンコール2曲もバレエ曲、演奏し始めたとたんにそこがコンサートホールではなくて歌劇場で華やかな衣装をつけたダンサーが踊っている画がありありと浮かびました。

と、勝手に自分なりに結論付けてみると、ゲルギー&マリインスキーの真価はこのサントリー4日間公演ではなく12/8のバレエに問うべき(行かないけど)、今回の4日間でもっとも期待できるのは最終日ストラヴィンスキーの春の祭典ではないか、ということです。
昨年の奇跡のプロコ・チクルスを今回に期待するのはそもそもお門違いと。

あと、オーケストラってヴァイオリンソリストにとってどの銘器を選ぶかにも似てるなぁと、これも1812振るゲルギー見ながら思ったですよ
ヴァイオリン名手が、長年弾いて相思相愛になっている楽器、だけどこの楽器だとさらに自分が進化するには不足だわ、というのと、ウン億するしなじむまで時間はかかるけどそれをクリアするとお互い丁々発止で更に次のステップにいける楽器。
ゲルギーにとっては前者がマリインスキー、後者がLSOとかVPOとか。

あ、ユンディ・リにまったく触れずに終わってしまいそうですが、彼の演奏初めて聴きましたが熱のこもった、というか熱にうかされているようなホットな演奏でした。

明日はNHK音楽祭、ゲルギー&N響です。
本日の終演後はサイン会あったようです。いつリハやるのか?当日かな?
[PR]
by felice_vita | 2009-11-29 18:06 | 海外オケ

ゲルギエフ&マリインスキー ムソルグスキー・プロ

指折り数えていたゲルギー来日。第1日目、ムソルグスキーです。
曲目が変更になったのと、朝サントリーホールHPの当日券状況をチェックしたところS.Aあわせて100枚販売とあったので、また空席が目立つ公演なのか?と不安な思いを抱きながらホールへ向かいました。

2009年11月28日(土)19:00@サントリーホール
ワレリー・ゲルギエフ指揮
マリインスキー歌劇場管弦楽団 曲目
<ムソルグスキー・プロ>
オペラ『ホヴァーンシチナ』前奏曲 (モスクワ河の夜明け)
交響詩『はげ山の一夜』
※上記2曲は金管合奏版
歌曲『死の歌と踊り』
 ソリスト: ミハイル・ペトレンコ(Bs)
ラヴェル編曲:組曲『展覧会の絵』
♪アンコール
チャイコフスキー:「エフゲニ・オネーギン」より”ポロネーズ”
リャードフ:交響詩”バーバ・ヤガー”

客入りは昨年のプロコチクルスより若干多いくらい?でも空席が目立ちました。ムソルグスキーなのでこんなもの、でもS席、RB、LB、LC、には大量の高校生が。学校からの芸術鑑賞会でしょうか、贅沢ですな。でもはじめはL側しか見てなかったんでこっちじゃなくってよかった、と思ってたら私のいるブロックにも、、、

指揮者台無し、ポール(っていうのか?指揮台の後ろについている柵)もなし。エネルギッシュに動けるようにスペース広く取っている???
2ndVn女性多!11人中9人です。しかもみんなモデルみたいなすっごい美女揃い。さながらロシア各地域代表集めました、なミスコンです。

さて、内容です。オーケストラの技術からみるとこのところの来日オケの方が上。ゲルギエフの主管というか身体の一部のように思ったとおりにドライブしてくれるオケ、というところから見ると別物、ってことにしとこう。
金管、特にトランペット奏者はテクニシャン。ホヴァンシチナはVPOとの録音でしか聞いたことのない曲なのですが金管だけになるとムソルグスキーの音楽を分解して彼の音楽とはこのようなものです、と見せられたようで、丸ごとムソルグスキーコンサートの導入にはよいものか。
歌曲、バスのソリストが上手い。歌曲なのにオペラを見ているようです。1.子守唄、2.セレナード、3.トレパック、4.司令官の4曲。ロシア語なのでまったく何を歌っているのかわからない(プログラムには訳詩がありました)のですが、雰囲気でわかるんですね。4曲目は夏のサイトウキネンの「戦争レクイエム」を思い出しました。
展覧会の絵、プロムナードのトランペット、ゆったりとレガートでスタート。よくなんなに息が続くものだ。リモージュまでは普通、それが後半進むうちに盛り上がり、最後は華々しい金管と大砲のような打楽器で大団円。打楽器、ティムパニと大太鼓、音のリレーが抜群によくて同一人物が楽器を変えて演奏しているような錯覚に陥るほど、テンポ、間合い、音量がドンピシャ。

アンコールを2曲。
それも、オケがこの曲を知り尽くしているのか、確信に満ち溢れた演奏で本編よりもこっちの方がよかった(笑)音も違うし。
初日の演奏は、「まずはご挨拶まで」、ってとこでしょうか。
プログラム見ると、ものすごい強行軍です。11/22熊本、11/23大阪、11/24広島、11/26福岡、11/27名古屋、11/28~12/2東京、12/3~12/4札幌、12/6所沢、、、
オケの皆さんも東京でようやく腰を落ち着けることができそうで。明日以降に期待。
終演後、ハケのあとにも舞台入り口で熱心に拍手する人々、それに応えてゲルギー再登場。
読響&Mr.S定期、リヨン&大野さん、先日のブロムシュテットさんブル8でも同様のシーンありましたが、今日の演奏ではねぇ。。。ゲルギーファンの私ですがちょっとこれには疑問。

サントリーホール前はクリスマス用に意匠あつらえ中でしたが、ホール内はクリスマス!
f0041305_2341427.jpg

[PR]
by felice_vita | 2009-11-28 23:34 | 海外オケ

気分は春、オペラの森

本日発売でした。東京のオペラの森、ムーティ指揮でカルミナ・ブラーナ。

http://www.tokyo-harusai.com/
これからが冬本番ですが、サイトを訪れるとすっかり春の気分です。

明日はトヨタ・マスター、再来週月曜日はハーディングのスウェーデン放送響が発売。
今日からがいよいよこの冬のメインイベント、ゲルギー&マリインスキーとなり、これが終わるとしばらく寂しくなるなと思っていたのだけど。

昨日は久しぶりの飲み会で二日酔い。面子6人大酒飲みばかりで瓶ビール20本以上は飲んだような・・・
散歩でもして万全の体調でムソルグスキーに備えなければ。
[PR]
by felice_vita | 2009-11-28 10:23 | 国内オケ

流行語大賞でしょう

うちの職場でもおおやはりです、「仕分け」。
何かあると「仕分けられる」、「仕分けてやる」。
もうちょっと早ければ流行語大賞間違いなしだったでしょうに。
→訂正。事業仕分け、流行語にノミネートされてました。。。

ようやく落ち着いてきた今日この頃ですが、これまでの疲れがどっときているかんじ。遊びのことも思考停止で計画がなかなか進まない・・・
判断力も落ちてるようでいかんなぁ。。。
年末旅行、ドイツ(FRA往復)を押さえていたのを急遽スカラ座バレエをメインとするイタリアに変更したものの、どうも気分が盛り上がらない.
どうしたんだ、私。疲れすぎてんのか。
こういうときはやっぱやめてるほうがいいんだろうか。スカラ座バレエのチケット(ハーディング指揮)、今日送られてきたんだが。(窓口で引き換えのつもりだったんでびっくり。)
f0041305_2231189.jpg

[PR]
by felice_vita | 2009-11-26 22:00 | 日々雑記

ブロムシュテット&チェコ・フィルのブル8

よい音楽をつくるのはまずは指揮者、それを実感した演奏会でした。

2009年11月23日(月・祝)19:00@サントリーホール
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット

ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 WAB.108(ハース版)

来日オケ版クラシック音楽シーズンも終盤に近づいてまいりました。
チェコフィルのプログラムは3バージョン、チェコならドヴォルジャーク、ではあるのでしょうが、ここはブルックナーで。
オケは男性が圧倒的に多く、女性はVn(1,2あわせて)に5名、ホルン1名、フルート1名、ハープ2名。性別によるバランスってありますが、もっとマッチョな演奏になるのかと思いきや繊細で鳴り過ぎない、これはやはりブロムシュテットさんの力でありましょう。
対向配置。指揮台を中心に左手から1stVn、Vc、Va、2ndVn、1stVnの後ろに左からCb、ホルン、中央に木管、その右手にTp、中央一番後ろに打楽器、その右手に(Tpの後ろ)トロンボーン。
この配置がドンピシャ。弦も金管も音がうまくクロスして絡み合い見事なブレンドです。

5分押し、19:05開演、終わって時計をみると20:23、約78分。真っ向勝負、1,2楽章は予想外にサクサクいくなぁ、と思っていたのですがピークを第3楽章に持ってきてたのでしょう。この3楽章の美しさといったら天国。泣けました。私は8番で一番すきなのは2楽章なのですが、この演奏をきいていっぺんに3楽章派に鞍替えです。
4楽章。ラストに向かって金管が飛び交い、大型花火がどん、と打ちあがってパラパラと細かい火の粉が地上に降り注ぐように終了。ため息です。
拍手は、、、ブロムシュテットさんの手が完全におりてからにしてほしかった・・・ でも、それからの拍手、余韻を楽しんだ人からはじわじわと感動があふれ出してくるのがわかる怒涛の拍手。ゴオォーってかんじで。

ブロムシュテットさん、御歳82歳。信じられない。
指揮ぶりは淡々としておりまるでドキュメンタリー映画を見ているようなのに、それがボディブローのように聴き手の胸にずしずしきいてきます。
一期一会、これだからコンサート通いはやめられない。
[PR]
by felice_vita | 2009-11-23 22:48 | 海外オケ

読売日響第520回名曲シリーズ@サントリー

定期公演がゲルギーウィークにかかってしまったので振替です。

2009年11月21日(土)18:00@サントリーホール
読売日本交響楽団
指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
コンマス:デヴィッド・ノーラン

《オール・チャイコフスキー・プログラム》
◆チャイコフスキー:
 交響的バラード〈地方長官〉
 幻想序曲〈テンペスト〉
 組曲第1番
 戴冠式祝典行進曲

78歳のロジェストヴェンスキーさん、ゆっくりとした足取りで登場され指揮台のない譜面台の前へ。長い指揮棒を手にもち魔法使いのスティックのように振り下ろすと切れのよい音楽がながれます。
棒を持つ右手、それ以上に雄弁な左手と、時に両手は指揮台の上においたまま軽くリズムを刻むように頷くだけで、美しい音楽ラインが流れるように紡ぎだされてきます。

今日の殊勲賞はオーボエの蠣崎さん。読響、また他のオケのオーボエ首席の方も皆さん美音なのですが本日の蠣崎さんの音色はわかりやすくいうとプッチーニ的というのか、甘美さの中に悲劇性が見え隠れしているというのか。人の声でしかできないレヴェルの音なんですね、もう。いやはや今夜は酔いました。
プログラム構成が面白く、どの曲もチャイコフスキーなんだけど、次の時代のロシア作曲家につづくものが見え隠れするものでした。
前半2曲、後半2曲、しかも最後の祝典行進曲は演奏時間5分でありながらインパクト大。国威発揚~
オリンピックを先取りしたような気分。それもバンクーバーはすっとばして2014年のソチ。芸術大国ロシアの演出が今から楽しみになってきました。って気が早すぎですが(笑)。この曲では金管隊がお見事で、デフレも吹っ飛ばす勢い。
チャイコフスキーって、人間のツボがわかっているというか、ストレートに自分を出せない日本人には、かように自分の感情を正直に表出したい願望を見事に代弁してくれるのだよな。

ところで在京オケもそれぞれ客層の違いがありますが、同じ読響でもシリーズによってずいぶん客層が違うものですね。名曲シリーズは女性が多い気がします。そのせいか拍手も控えめというのか、弱い。。。どう考えてもブラヴォーやろ、ってところでも静かで、先月のスクロヴァチェフスキーさんのショスタコとのあまりの違いにびっくりです。叫びたい心をぐっとおさえておりました私です。

あ、あと毎回配られる読響月刊オーケストラによると、下野さんのチェコフィルデビュー、成功裏に終了したようです。(ショスタコのチェロコンでソリストが”楽譜を大幅に端折るハプニングがあった”そうで・・ それでもオケと”一致団結して危機克服”したそうです)
明後日はブロムシュテットさん&チェコフィルのブルックナーNr8!
次年度の在京プロ見てるとブルックナーイヤーでございますよ。新日フィル、2010-2011シーズン(2010年の9月から!)まで発表になっておりました。
東響のブル9とテデウムは気になります。
[PR]
by felice_vita | 2009-11-21 21:34 | 国内オケ

季節性インフルエンザの予防接種

ちょくちょくとうちの職場でもインフルエンザが流行っているようです。
同じビル内にクリニックがテナント入居していた場所からのオフィス移転に伴い季節性の集団接種ができなくなり、接種料補助での個別対応となりました。
が、やはりワクチン足りないのか1週間ほどあちこち探しまくり。
今朝飛び込みで地元のクリニックに行ったところ接種可能ということでお願いしてきました。
病院って病気の人が多いので(当たり前だ)、予防接種に行ってインフルエンザもらったらかなわんよな、と思っていましたが意外に患者さんもさほど多くなく5、6分待ち、接種10秒!で終わりました。
これでとりあえずは安心かな。病は気から、っていいますからね。
そういえば東京にきてからは歯科以外にかかったことがない。病気もほとんどしてないし、やっぱりストレスと病気って繋がってるんでしょうね。
[PR]
by felice_vita | 2009-11-21 14:48 | 日々雑記

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日

やっぱり仕事で遅くなってしまったので、近所のスーパーでひとりで飲みきれるサイズ(笑)を購入。
375mlは一種類のみ。好みの選択肢も何もあったもんじゃないですが、飲み口は・・・意外や意外、結構しっかりしてます。2009年、当たり年でせうか。
f0041305_22173937.jpg

[PR]
by felice_vita | 2009-11-19 22:15 | 日々雑記

11月も半分

大阪出張のついでに実家に帰省しさきほど帰京。FMでバイエルンを視聴中。
実家ではひたすら爆睡。出張、外勤が続きあまりにも忙しい一週間でございましたよ。
やっぱ実家はええなぁと思いつつも母に頼んでいたスカラ座ヴェルレクがうまく録画されておらずショックでへこんでおります・・・
11月も半分となり、年末近くなったというのに、いまだに年末の旅行計画が進まない。どうすべか。。。
[PR]
by felice_vita | 2009-11-15 14:39 | 日々雑記