<   2009年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

年末イタリア旅行5日目~ミラノ

<記載:2010年1月11日>

大晦日のミラノです。とはいえクリスマスが延々続いているのでございます。お店は営業していますが閉店が早くなっている様子。だいたい18時ごろ閉店。
ミラノの見所というとダ・ヴィンチの最後の晩餐、次いでブレラ美術館ですが、いずれも前回訪問時に見学済みなので今回はパス。特に最後の晩餐は、事前予約で見学できるのも15分ですからね。1回見ればもういいかなって感じです。ブレラは時間があれば何度みてもOk、あとスカラ座博物館、オペラファンなら見逃せません。(私はこれも今回はパスしましたが)
で、オペラファンならここは行くべし、なのがリコルディ!イタリアオペラの黄金期の作品を独占出版、時に作曲家よりも強権をもっていた、あの、リコルディですよ。
ガッレリアの中心の1画なのでとってもわかりやすい。地下、1階は普通によくあるHMVとかタワレコですが、2階っすよ。オペラのCDが充実していて(DVDもすごいのですが残念ながらリージョンコードが違うので日本では見られない)、気が付くと結構時間がたってます。あとやっぱり楽譜!すごい品揃えです。特に歌関係。
クラシックファンはミラノならリコルディ、ベルリンならドゥスマンでいくらでも時間つぶせます(笑)。規模からいうとドゥスマンに軍配ですけど。

さて、大晦日とはいえ特にせわしさもないミラノ。
この日はまずはドゥオモにて朝の礼拝をささげ、徒歩でスフォルツェスコ城へ。広いです。展示物多し、バリアフリーなんてどこ吹く風。古美術コレクション、楽器コレクション、絵画、先史時代展示、考古学博物館など、たった3ユーロでこの展示の多さ。
f0041305_1053879.jpg
f0041305_1055011.jpg

蝶々さんの企画展示中。ちなみにドゥオモ横の王宮では日本の展示が2つもあり、ちょっとした日本特集期間でした。

午後は地下鉄でサンタンブロージョ教会へ。
サンタンブロージョはミラノの守護聖人、大司教サンタンブロージョを祀る教会です。ひっそりとした佇まいで、こっちも息をひそめなきゃと思ってしまいます。
f0041305_10115643.jpg
f0041305_1012750.jpg


ミラノの地下鉄利用時、1日券(24時間)なるものを購入しました。通常3ユーロで乗り放題のところ、クリスマス特別割引で2.5ユーロで24時間OKです。翌日友人宅へは地下鉄移動なので24時間の範囲内です(どこまでケチるんだ)。

夕刻ドゥオモへ戻り、大晦日の礼拝に参加。
なんか泣きそうになりました。
大晦日のカウントダウンがドゥオモ~スフォルツェスコを結ぶ一画で催されるのですが、欧州のカウントダウンの危険さは身にしみているのでホテルでテレビ見ながら年越し。
爆竹があちこちで破裂し、シャンパンの瓶がばんばん開けられあたりに破片が飛び散り、、、このあたりドイツ・オーストリア・イタリアも共通です。
ただロンドンでは爆竹禁止となっているらしく、ここなら安全に年越しカウントダウンできるそう。
一足早く年が変わったシドニー、香港、台湾、ドゥバイが中継されましたが、いやはや、すっごいですね。国の勢いがそのまま表されているようで。日本は習慣的にこう派手に祝うっていうのがないからまぁそんなもんなんでしょうが、中国とかドゥバイみてると圧倒されますな。
2010年、日本は大丈夫なのかという不安を抱きつつ迎えましたが、国より自分の心配しろ、と帰国後親からは突っ込まれ・・・
[PR]
by felice_vita | 2009-12-31 09:43 | 海外旅行

ミラノ・スカラ座バレエ ベジャールの夕べ

《2010年1月11日記載》

今回の旅行のメインです。ダニエル・ハーディングがハルサイをどう振るのか、あと何よりも9月の来日公演のドン・カルロでもう静かに燃えるものすごい演奏を聴かせてくれたスカラ座管弦楽団を聴きたくて、今回の旅先をドイツからミラノに変更したのですから。

ミラノ・スカラ座バレエ ベジャールの夕べ
2009年12月30日(水)20:00@ミラノ・スカラ座
指揮:ダニエル・ハーデイング
演奏:スカラ座管弦楽団
・火の鳥(ストラヴィンスキー)
・さすらう若者の歌(マーラー) 
  バリトン:ロデリック・ウィリアムズ(発音適当です・・・アメリカ人かな? Roderick Williams)
・春の祭典(ストラヴィンスキー)
スカラ座公式サイト http://www.teatroallascala.org/en/index.html

f0041305_929279.jpgおなじみの香盤表










f0041305_9294269.jpg今期スケジュール冊子











バレエなんですが、私、ほとんどハーディングばかり見てました(笑)。欧州の歌劇場のオケピット、指揮者の肩から上は観客からも見えますので舞台見つつ指揮者見つつ。
それにしてもスカラ座はやっぱり豪華だ~~~~ 
服装の印象では独・墺ではイブニングドレスが多いですがイタリアはびしっときめたスーツとかぴっちりした丈短の黒ワンピなんかが目立ちますね。日本もこれに近いので日本からいらっしゃる方、あまり気にしないでよいのでは。男性は通常公演でもジャケット着用必須です。
チケットはスカラ座のサイトからネット予約しました。予約コミッション23ユーロ、あと座席は平土間(Platea)115ユーロ(オペラならおおむね187ユーロ)。私の席は右側5列目(で前が通路なので前に誰もおらず背の低い私には見やすく良席。本当は1列目とりたかったんですが、サイトからチケット購入でも”座席指定”と”ブロック指定”選べるので、ブロック指定にしたところ、1列目でなくこちらの座席が優先されました。
友人に、「スカラ座で見るなら絶対にプラテアかボックスなら1列目。ボックスで2列以降はだめよ」と言われておりましたが、確かに日本からせっかく見に行くのなら死角のない席で楽しみたいですね。

でもってハーディング。
かなり好意的に迎えられていたのでは。とはいえバレエですからオペラとかクラシックファンと違うだろうけど、それでもあちこちで「ダニエル・ハーディング」という固有名詞が囁かれていたので、バレエファンといっても指揮者、音楽に無頓着ではないのでしょうね。
私はバレエはあんまり詳しくないのでわかんないですが、ベジャールものって1演目終わるまで拍手はしないんですね。で、この3演目とも男性の肉体美を徹底的に見せつけるもので、うひゃヒャ・・・
ハルサイはバレエものなんだなぁ。バレエがつくと音楽の理解が一気に深まるというか、ああ、そうなんだとものすごく納得。これバレエ見てから単独で音楽聴くべきですね。

終演後、楽屋口に行ったのですが一般客の出待ちは皆無、出演者の身内関係ばっかりでした。ハーディング氏もめがね姿でマネージャーOR劇場関係男性と二人で斜め前のレストランへそそくさと入っていかれたのでした。

スカラ座からガッレリアを抜けてドゥオモへ。夕方の雨もすっかり上がり月が。
f0041305_9314164.jpg

[PR]
by felice_vita | 2009-12-30 23:51 | 舞台・ミュージカル

年末イタリア旅行4日目~ミラノ

<記載:2010年1月11日>

ミラノといえばドゥオモです。何度見ても美しい。時間ごとに違った顔を見せてくれるので気が付けばシャッターを押している。何枚とったのだろう、ここの写真。
これはだいたい18時ごろ。あたりが暗くなって広場のイルミネーションが徐々に光の強さを増してきて、ドゥオモのステンドグラスも輝いています。
入り口には一応セキュリティの警官がいますが荷物の中身まではチェックせず、人相チェックのみ。
内部もため息ものです。オペラの教会のシーンって、こういうところを作曲家はイメージしているのでしょうね。トスカのテ・デウムなんて絶対そうだろうなぁ。

f0041305_8462240.jpg

f0041305_8492578.jpg
f0041305_8493981.jpg


小雨降るミラノですが、傘をさしている人がほとんどいない!同じイタリアでも違うものですね。
[PR]
by felice_vita | 2009-12-30 23:50 | 海外旅行

年末イタリア旅行4日目 ローマ→ミラノへ

※帰国後1月3日記載

朝、ローマの見納めに、スペイン広場、トレヴィの泉へ。
スペイン広場から階段を上がったところにあるトレニタ・ディ・モンティ教会。
f0041305_21513050.jpg
f0041305_21514672.jpg


トレヴィの泉、8時過ぎに訪れたところなんと清掃中・・・
コインを投げ入れて帰るつもりだったのに。ここに観光に行かれる方はご注意を。
f0041305_21515967.jpg


8:45、ホテルからタクシーでテルミニ駅へ。アッリヴェデルチ・ローマ!
レオナルドエクスプレスで9:55フィウミチーニ空港到着。アメリカの飛行機テロ未遂のせいか異常に荷物チェックが厳しく国内線なのに、セキュリティゲートを通過すると11時前!フライトはルフトハンザ・イタリア11:20発。他にローマ・ミラノを結ぶのはエアワンもありましたが、そちらは1時間ほど出発が遅いのでLHで移動。ちなみにエア・ワンもLH資本が入っていたキャリアでフラッグ・マークもLHのものに似ています。

しっかしお国柄ですな。機内での安全説明、アナウンス役のCAさん、笑いのツボにはまってしまいうまく話せない(笑)。でもそれを受ける乗客も陽気なもんで無事終了とともにやんややんやの拍手と大喝采。日本だったら即刻クビ、でしょうに。
LH、国内線でも軽食サービスが。
f0041305_21583689.jpg
f0041305_21584523.jpg
f0041305_21585495.jpg


ミラノに近づきなんとなく肌寒くなる。見下ろすとミラノは雪景色。空港に着いたとたん寒い!ローマは気温17度でしかも私的体感温度は20度くらい、そこから一気に4度です。
マルペンサ空港到着後、マルペンサエクスプレスで市内入り。ホテルがドゥオモに近いので中央駅行きのバスではなくカドルナ駅終着となる電車のほうが近いのです。
雨のミラノ、なんかローマがすばらしかっただけに心まで湿り気味に。
駅からホテルまでこちらもタクシーで8ユーロ弱。ミラノ市内は路面電車があちこち走っており、路面は石畳。気候もですが一気に北にきたなぁという気分です。
ミラノでの目的はスカラ座、ホテルはスカラ座近くのデ・ラ・ヴィッレに2泊。どこに行くにも足回りがよく、やはりホテルは立地条件で選ぶべし、です。

荷物を置いてとりあえずスカラ座への動線確認。劇場ショップをのぞき、今回の旅行でほぼ唯一となるお土産購入。カレンダーと絵葉書。えらく上質な紙袋に入れてもらいました。
f0041305_221052100.jpg


今夜の演目はバレエ、火の鳥、さすらい人(ワーグナー)、春の祭典。
ハーディングの指揮です。
f0041305_2213661.jpg

[PR]
by felice_vita | 2009-12-30 22:01 | 海外旅行

年末イタリア旅行3日目

※帰国後1月3日記載

ローマでの実質最終日、まずはバティカン詣です。とはいえバティカン美術館は前回じっくり見学したので、今回はサン・ピエトロ大聖堂のみ。
地下鉄から地上へ出ると雨がぱらぱら。折り畳み傘は日本より持参。あちこちでミドル・イーストから来ているっぽい人が傘売りに奔走中。

まださほどオープンから時間がたっていなかったので荷物検査で15分ほど並んだだけで入場。

f0041305_20111199.jpg

ここって有名な写真スポットなんですね。人だかりができているので何かと思えば、スイス兵が。

f0041305_2012591.jpg
f0041305_20121616.jpg
f0041305_20123190.jpg
f0041305_20124395.jpg
f0041305_20125514.jpg

f0041305_20131699.jpg

厳粛な中にも、人を暖かく包む空気があります。
ここ数年、プロテスタントの教会ばかり見てたので改めてそのあまりの違いに驚くばかり。
そしてカトリック信者の多いこと。今回こうしてあちこちの教会を訪れているうちに信仰が日常生活の中に普通に位置していることを目の当たりにしました。苦しいときだけ神頼みする自分が恥ずかしくなると共に、このようにきちんと信仰をもっていることがうらやましくなってきました。

f0041305_20194587.jpg

雨の中のマント姿もかっこよいですね~

サン・ピエトロ大聖堂を後にし、地下鉄でバルベリーニへ。
トリトーネの噴水
f0041305_2037559.jpg


トリトーニ通りを東へ進み、サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会へ。今度こそ『天使と悪魔』のベルニーニ作、聖テレーザの法悦と対面。20人ほどのドイツ人観光客集団がこの像の前で見学中。彼らも「天使と悪魔ツアー」かしら。
f0041305_2039420.jpg
f0041305_20391359.jpg
f0041305_20392990.jpg
f0041305_20395471.jpg


レプッブリカ方面へ歩き、ローマ歌劇場を通過。今回はご縁がありませんでしたがトラヴィアータ上演中。なんと日本人名がヴィオレッタにクレジット!ヤマザキ・ミナさん。すごい!
f0041305_20415972.jpgf0041305_20421493.jpg











南南東へ進路をとりサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂へ。
f0041305_20431441.jpg
f0041305_20432698.jpg
f0041305_2043456.jpg
f0041305_2044342.jpg


お昼も過ぎたので、バスでカピトリーニ美術館へ。美術館内のカフェで遅めのランチ。ここのカフェはセルフサービスと注文をとりにきてもらう2方式ありますが、セルフコーナーは混雑しているので着席方式のほうがよいですね。景色もいいし。
f0041305_20464120.jpg
f0041305_204709.jpg

カンピドリーニ美術館、中央が市庁舎で、ここからフォロ・ロマーノを眺めることもできます。初日にフォロ・フォマーノに行ったときに人影がみえていたのはここだったのね。
f0041305_20493591.jpg
f0041305_20495012.jpg

これでもか!と並べられた絵画やら彫刻やら彫像やらタペストリーやら。フィレステーキをどん、1キロ目の前に出された気分です。

ここを出ていったん通りに下り、再び隣の階段を上がってサンタ・マリア・イン・アラチェリ教会へ。
奇跡を行うとされる「聖幼な子の像」、確かに一目見たとたん不思議な力を感じました。
f0041305_20561511.jpg
f0041305_20563139.jpg
f0041305_2056521.jpg


ここまで見学して、いったんホテルへ。お土産を部屋に置いて小休憩。17時過ぎ、外は暗くなってきました。
お次はサンタンドレア・デッレ・フラッテ教会へ。
サンタンジェロ城橋の天使像のオリジナル2体がここに納められているのです。
f0041305_212547.jpg
f0041305_21322100.jpg
f0041305_213422.jpg
f0041305_213565.jpg


ローマ最後の夜。あちこち散策して22時過ぎにホテルに戻りました。
f0041305_2182980.jpg

夜のヴェネツィア広場。なんともいえない美しさ。

永遠の都、本当にその名の通り。離れがたいです
[PR]
by felice_vita | 2009-12-29 20:18 | 海外旅行

年末イタリア旅行2日目の夜

ローマでは音楽鑑賞予定がなかっただけに願ったりかなったり!
f0041305_19451227.jpg


TOCCATA e FUGA 
Magic di Natale a tempo de musica
28 DICEMBRE ore 18.00
AUGURI PER L'ANNO NUOVO
(GOOD THINGS FOR THE CHRISTMAS)

ローマ歌劇場との提携で市が主催しているらしい。
17時半に到着したのですが、階段は既に人がびっしりで座れるスペースがなく、噴水側で開催を待ちます。
そうしている間にも続々人が増えてきます。

そして18時。雨もすっかりやんでます。
サンタクロース色のコートを身に着けたバレエダンサーが登場、音楽が変わりコートを脱ぐと真っ白な衣装!なんて華やかで美しいこと!またダンサーが美しいのです。バレエダンサーですがガタイがよいのにまたびっくり。
f0041305_19481643.jpg
f0041305_1948312.jpg


そしてバレエが終わるとテノール登場です。リハでマイクチェックしてたのは1人だけだったので1人だけかと思ってたら3人が交代で登場。三大テノールですよ~ しかも揃いも揃ってすっごいエエ声です。
ファビオ・アンドレオッティ Fabio Andreotti: 見事な体躯に見事な声。パラヴォッティを更にスピントにした力強さと輝きを兼ね備えたスーパー・テノールです。
ジョルジオ・カシアッリ Giorgio Casciarri :こちらも見事な体躯ながら、ご自身はリリックな歌を好まれるよう。
ジョルダーノ・ルッカ Jiordano Luca:一番小柄な方なのですがその声量といったら!しかもかなりなスピント系テノールであり、ハイCも軽々とこなされます。ボエームのロドルフォが容姿的には一番ぴったりかな。
f0041305_2022680.jpg
f0041305_2024076.jpg
f0041305_2025286.jpg


披露されたのはトスカ、トロヴァトーレ、カルメン、アイーダ、ボエーム、トラヴィアータから名アリアを、そしてグラナダ、カタリ、アッリヴェデルチ・ローマ。締めはオー・ソレミオ、そしてそして誰も寝てはならぬで、観客大絶叫!!!
生で三大テノールの夕べを体験でき、至福のときでした。
特にファビオ・アンドレオッティさん、もう一発でファンになりました。こんな声のひとがここにはわんさといるのか・・・ 恐るべしローマ。(ってかイタリア)
f0041305_2031786.jpg
f0041305_2032934.jpg


約1時間半のコンサートが終わり、興奮冷めやらぬ状態、またまた夜のローマをうろうろ。このあたりにブランドショップが固まっているので観光客は一向に減りません。ルイ・ヴィトン前に人だかりができているので何かと思えば、遅い開店を待っている人たちでした。
[PR]
by felice_vita | 2009-12-28 23:58 | オペラ・オペレッタ

年末イタリア旅行2日目

※帰国後1月3日記載

日本で確認した長期予報では今回の旅行は毎日雨とあったですが、なんとか今日は大丈夫そうなので翌日に予定していたフォロ・ロマーノとコロッセオへ朝一番で出発。
地下鉄でSpagnaからColosseoへ。地下鉄駅には階段上からエレベータで降ります。前夜眺めた景色の朝バージョン。バティカンのクーポラもくっきり。(一番右の屋根です)
f0041305_18371554.jpg


開園まもない8時半過ぎに到着、ほとんど人がいない・・・
のんびり散策しつつパラティーのの丘へ。オレンジの実をつけた木々が噴水を囲み、まるで天国。ここからフォロ・ロマーノが見渡せるのですが、紀元前によくもこんな整備されたものよ、、、とかの時代への畏敬を思わずにはいられない。

f0041305_18374254.jpgローマの松。

このあとはコロッセオへ移動。2時間近くうろうろしているうちにコロッセオにはすごい行列が。でも切符はローマパスを持っているためこの長い列には並ぶことなくさくっと入場。
f0041305_1843384.jpg

東京ドームもかくや、な巨大なる遺構。4層式で直径約188m、収容人数5万人です。お見事。

ここからローマの休日で有名な真実の口のある、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会までのんびり徒歩で20分くらい。ここに来て初めて日本人の団体さんに会いました。もちろんそれ以上に外国の観光客が多く写真は1人1枚、と。教会内の施設ですしね。ここも結構長い列でした。

ローマって結構歩いてあちこち周れるもんです。
マルケルス劇場を横目にカンピドーリオの丘を迂回してヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂へ。
f0041305_18504167.jpg

f0041305_1853570.jpg

第1次大戦で亡くなった無名戦士が祀られ、24時間イタリア兵がこれを守っているそうです。

カンピドーリオの丘にあるカフェで遅い昼食をすませヴェネツィア広場を通り過ぎ、パンテオン、ナヴォーナ広場へ。
パンテオン。BC27年に建設されるも80年に消失、とはいえ118年ハドリアヌス帝により再建(118年っすよ、アナタ)。ヴィットリオ・エマヌエーレ2世、そしてラファエッロもここに埋葬されております。
f0041305_1911024.jpg
f0041305_1912228.jpg
f0041305_1913429.jpg


ナヴォーナ広場。ローマの噴水オンパレード。
クリスマスモードのためお店がたくさん並んでいました。       ムーア人の噴水f0041305_1912926.jpg
f0041305_1992585.jpg









四大河の噴水                               ネプチューンの噴水
f0041305_1995458.jpgf0041305_19132086.jpg










広場を後にしテヴェレ川沿いを歩きます。ウンベルト1世橋を渡ると正面が最高裁判所。
f0041305_1924682.jpg
f0041305_1924319.jpg

西側がトスカのサンタンジェロ城です。
f0041305_19251023.jpg

ここからすぐバティカン、サン・ピエトロ大聖堂です。列が小さければ並ぶつもりでしたが結構な人だったのでバスでクィリナーレの丘近くまで戻りました。
15:15より大統領官邸(クィリナーレ宮)で衛兵の交代があります。
f0041305_19274812.jpg
f0041305_19281013.jpg
f0041305_19282496.jpg
f0041305_19284099.jpg

日本の首相官邸にも行ったことがない私ですが、首相官邸ってどんなかんじでしょう。ここって「本当にここが?」ってくらい普通な建物で・・・

で、このクィリナーレの丘を降りるとすぐにトレヴィの泉、スペイン広場とすべて徒歩圏内です。
f0041305_19322196.jpg
f0041305_19323755.jpg
f0041305_19325113.jpg
f0041305_1933672.jpg

階段を上がっていったん荷物をホテルにおいて、そのままトリニタ・ディ・モンティ広場を通過しピンチョの丘へ。
f0041305_1935139.jpg

結構ロマンティックな夜景の名所のようで(笑)。
確かにサン・ピエトロを遠景にし、ポポロ広場を見渡すと、徐々に日が暮れてイルミネーションが目立ち始めてなんとも幻想的な光景です。
丘を下りるとポポロヒロバの北側がサンタ・マリア・デル・ポポロ教会です。『天使と悪魔』のキージ礼拝堂があるのですが修復中なのか見物者が多すぎて非公開にしているのか、布で覆われていました。
f0041305_19382460.jpg
f0041305_19383978.jpg

暗くなってきたのでバブィーノ通りをスペイン広場に向けて戻ります。と、スペイン広場ではなにか舞台しつらえ中。どうやら18時よりイベントが。
[PR]
by felice_vita | 2009-12-28 23:54 | 海外旅行

年末イタリア旅行1日目

※帰国後1月3日記載

2003年のゴールデンウィークから6年ぶりイタリアです。前回はオペラメインの旅行だったので今回はじっくり観光を。
機内でのエンターテイメントプログラムでゲルギエフ&LSOのマラ6(これ、すごいです。2010の来日このプロでしたっけ?)を延々9時間聞き続けるうちに、JL409便はほぼ定刻16:40にローマ・フィウミチーノ空港へ到着。
あっけなく入管を終え(スタンプもなし)税関を通り過ぎ、ツーリストインフォメーションでローマパスを購入しローマ中央駅までノンストップで結ぶレオナルドエクスプレスに乗車。テルミニ駅には18時半ごろ到着、そこからタクシーでホテルへ。前回はなにせ初めてのローマで治安について怖い評判ばかり耳にしたためローマ歌劇場と背中合わせのクィリナーレへ宿泊、オペラには便利だけど周辺環境はあまりよい印象がなく、今回は迷うことなく観光にも便利なスペイン広場近くに宿泊を決定。タクシーは美しく夢のようにライトアップされた共和国広場を通り抜け、クリスマスシーズン真っ只中の街並みを眺めつつインターコンチネンタル・デ・ラ・ヴィッレに到着。料金は8ユーロ!安い!
荷物を置いて周辺散策へ。
夜とはいえ観光シーズンのためすごい人です。
f0041305_18312863.jpg

f0041305_18315293.jpg

f0041305_1832752.jpg

[PR]
by felice_vita | 2009-12-27 23:29 | 海外旅行

みなさま、よいお年を!

成田です。
リムジンバス、高速とも思いの外すいていて、なんと8時40分、70分で成田到着。出発まで時間が余りすぎ・・・
でもやはり冬休みの空港は混雑しています。

日本の年末年始は穏やかなお天気そうですね。イタリアはあいにくの雨模様のようです。
2003年以来のイタリア、治安の良いドイツと比べるとやっぱりドキドキもんです。

2009年はいろいろ聴くことができ、収穫の多い年でした。来年も良い年になるといいな。

それでは、みなさま良いお年をお迎えくださいませ!
[PR]
by felice_vita | 2009-12-27 11:04 | 日々雑記

映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編」

昨日は職場のユニットの忘年会。2次会の記憶がない・・・ 激しく2日酔いで昼過ぎまで沈没。そろそろアルコールも控えねば。

コンサートも終わってしまったのでのだめ見に行ってきました。
のだめカンタービレ最終楽章

話題になっていたウィーンのムジークフェライン、ゴルデナーザールの映像はいきなりの登場。のだめ、パリからえらい軽装で電車でウィーンに向かったのね。実際かなりかかると思うのだが。
ウィーン、パリ、ドイツ、東京と、美しい映像がふんだんで、音楽も惜しむことなく聞かせてくれるもんだから名曲アルバムよりもおいしいよな。パリってなんか東京に似てる。
1812年、感動しました。あとのだめのモーツァルトのピアノ吹き替え、なんとラン・ラン!本当に音の粒がはじけるようでした。

後編は4月17日公開。
[PR]
by felice_vita | 2009-12-23 21:51 | 映画・テレビ