<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ワディム・レーピンVn@トッパンホール

「ヴァイオリンの王道をひた歩む ワディム・レーピン トッパンホール初公演!」というチラシの見出しがぴったりの、まさに巨匠街道まっしぐらのレーピンでした。

2010年3月30日(火)19:00@トッパンホール
ヴァイオリン:ワディム・レーピン
ピアノ:イタマール・ゴラン

<演奏曲目>
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ
ストラヴィンスキー:ディヴェルメント
アルヴォ・ペルト(エストニア1935-):フラトレス(1977)
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調op.30-2
<アンコール>
ショスタコーヴィチ:24の前奏曲よりop.34-17(ツィガーノフ編)
チャイコフスキー:感傷的なワルツ
ブラームス:ハンガリー舞曲第7番

2008年12月のゲルギー&LSOのプロコチクルス、また同時期のリサイタルで彼のすごさに度肝を抜かれましたが、本当に1段1段確実に階段を上がっているヴァイオリニストです。今月の大阪でのティーレマン&ミュンヘンフィルを聴いた友人も絶賛しており、本日を本当に指折り数えておりました。
どの曲も魂がこもった、がっぷり四つに組んだ演奏です。ピアノのゴラン氏も伴奏なんかではなくコンビですね、この域にくると。
今回は特に前半2曲が私は好きです。特にストラヴィンスキー。ストラヴィンスキーはバレエを見たことのない曲でも踊りが浮かびますね。ディヴェルメント、第4曲はピアノとヴァイオリンが丁々発止、男性と女性ダンサーがそれぞれ超絶技巧を披露しているような華やかさ。
レーピンの音色はどこをとっても美しい、地声の良い音色で、低音・中声域はフルボディでパンチがあるのだけれど同時に浮力もあって重過ぎない。そして高音の美しさといったら、プロコで宇宙空間に投げ出されたような音色を聴かせてくれましたが、この曲では涙の出そうな切なさと身もだえするような妖艶さを兼ね備えた心揺さぶるものでした。
後半1曲目は祈り、ベートーヴェンは安定した演奏ぶりで会場を沸かせました。

トッパンホールは客層が本当によいです。駅から離れている分ここまで聴きに来るのってよほど好きな人だとは思うのですが、マナーが素晴らしい。小規模ホールの優位さで観客どうしも会場の雰囲気を読めるというのか。

あさってはサントリーホールで公演があるようですが、私はやはりこれくらいの小規模ホールが好きです。昨年はオペラシティでこれぞクロイツェル!という演奏を聴かせてくれましたが、それでも会場は広すぎました。オケの場合は残響とか壁・天井からの反響とか好みもいろいろですが、リサイタルについては下手に響きのあるホールよりも演奏者の音をストレートに聴け、空気を一緒に感じることができる場所がいいですね。

年度末直前、そして勤務も残すところあと1日となった夜、幸せな時間をすごすことができました。

と、ご機嫌で帰ってきたのに郵政亀井案が通ったニュースを見て絶望、この国に将来はないです、もう。
信じられない!第1党でもないのにでしゃばるな!
まるで負けるとわかっていたのに第2次世界大戦に突入してしまった日本再び。
総選挙で非民主、自民が第1党となって、もう一回これやり直して欲しい。
民主党政権になって全然良いことないじゃん!だれか国民新党を現政権から仕分けてくれ!!!!!
[PR]
by felice_vita | 2010-03-30 23:32 | ソロ、リサイタル

読売日響第491定期@サントリー

今シーズンのラストコンサート、ミスターSのブル8!盛り上がらないわけがないっ!!!
途中休憩なしなので走ってサントリーホールにかけつけたのであります。

読売日本交響楽団
第491回定期演奏会
2010年3月26日(金) 19:00 @サントリーホール
指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
コンマス:藤原浜雄
ブルックナー/交響曲第8番

ブルックナーの演奏会っていつも男性比率がいつも異常にに高いのですが今回も客席が黒い(笑)。しかも男性トイレに行列ができており、11月のブロムシュテット&チェコフィルの光景が再現。

約7分押しでスタート。
スクロヴァチェフスキさん登場、指揮台に上がられ、オケと一緒に客席にもある種異様な緊張感が走る。まるでバンクーバーのフィギュアスケートショートプログラム、真央ちゃんのパーフェクトな演技が終わった後に登場したキム・ヨナみたいな。この息を呑むような静寂は楽章間のパウゼを終えミスターが指揮棒を上げた途端再現されるのですから、客席の集中力もものすごいものがあります。

ブル8は好きなのでいろいろ聴いてかつCDも聞いているのですが、生に勝るものはなし。少々の瑕疵は許せるってモノですよ。2楽章が一番好きだったのですが、今回の演奏をどの楽章も捨てがたい。のっけの弦は美しいし雪崩れ込む金管とティムパニは熱い。3楽章は楽園。3楽章ではミスターが口ずさむ声が聞こえてしかもそれが涙を誘うのでありますよ。4楽章は劇的なのに読響の演奏はとことん丁寧でクール!
私が一等好きなのはチェリビダッケの来日公演のものなのですがこれは2楽章のティムパニがすさまじく神業、今回のプロの岡田さんは1楽章から4楽章に向かって徐々にピークに向かって上げていく感じで、2楽章は抑え気味といえましょうか。でもその対比で4楽章になるとものすごくコントラストが効いていて。4楽章の入りの炸裂、ティムパニとともに金管陣はブラヴォーでした。しびれました。

きっとどれだけ書いてもこの演奏会は語りつくせない。やっぱり読響、大好きだぁぁぁ!浜雄さんのソロは泣けるし、どのパートも首席がしっかり仕事をしているのだよな。ここのVa陣は日本で最強だろうし。ホルンとか金管って難しいのはわかってるけど今日の演奏きくとブルックナーはテンポの如何にかかわらずホルンにはきつい曲なんだなぁと。でもその危うさを一掃してしまう見事な弦っすよ。なんて高密度な音。音符のひとつひとつがぎっしりと隙間なく埋め尽くされているような。なのにまったく重くなく柔軟。
とにかくスクロヴァチェフスキさん、ありがとう!
3度目?のカーテンコールではものすごーく特大の桜の枝の花束(というのか木束?)が贈呈!
鳴り止まない拍手、オケの皆さんも着席のまま拍手と足踏み、それがどんどんエキサイトしていって。オケが退場したあとも2度にわたって舞台の登場したスクロヴァチェフスキさん、うれしそうだったなぁ(涙)。

熱い、でも客観性を失わずとことん微に入り細に入りの緻密でクール、でありながらやっぱり内に込められたものは濃ゆ~い演奏でした。演奏時間はプログラムに書かれたとおりほぼ82分、なのに実際はもっともっと長く音楽に触れていた気がします。無限の音の空間にたゆたっていたかんじ。
はぁ、ため息。
素晴らしき年度末最後の金曜の夜哉。
今夜サントリーに向かうまでは、日曜日のティーレマン&ミュンヘンをどうすべきか迷ってたのだが、今日の読響の演奏を胸におさめて週末この余韻を楽しむことにします。

本日の演奏、6月10日(日)am2:14より、日本テレビ深夜の音楽会にて放映予定だそうです。
[PR]
by felice_vita | 2010-03-26 22:46 | 国内オケ

靖国神社のさくら

f0041305_10285680.jpg

昨日参拝した友人から靖国の桜が咲いていたと聞きやってきました。テレビカメラがたくさんきていてちょっとびっくり。

<追記>
家に帰って納得、気象庁が「靖国神社の桜が開花」と発表したからこの報道陣だったのですね。

f0041305_13165693.jpg

f0041305_131635100.jpg

[PR]
by felice_vita | 2010-03-22 10:28

三月花形歌舞伎 「染模様恩愛御書」

友人にお誘いいただき、大阪時代の平成中村座以来生涯2度目の歌舞伎鑑賞に出かけてまいりました。

三月花形歌舞伎 染模様恩愛御書
2010年3月21日(日)11:00~@日生劇場
三月花形歌舞伎通し狂言「染模様恩愛御書 ~ 細川の血達磨」

f0041305_19371029.jpg
<配役>
大川友右衛門 : 市川 染五郎
印南数馬 : 片岡 愛之助
横山図書 : 市川 猿弥
腰元あざみ : 市川 春猿
細川奥方照葉 : 上村 吉弥
細川越中守 : 市川 門之助

物語りもわかりやすく、舞台もシンプル、友人曰くいわゆる古典ではないもの約束事は継承されているということで、様式美にあふれたお芝居でした。
幕があくとまず夏場、夜空、赤い盆提灯、屋台組のセットに浴衣姿の町衆。夜空の黒、提灯の赤、浴衣の白のコントラストの美しいこと。日生劇場、舞台装置は盆と小さなせり1台なのでそんなに凝ってはいないのですがそれでも空間を立体的に存分に利用したセットです。
今回のようなストーリーだとほんと、ウラORオモテ宝塚ですね。客席も内容のせいか女性、しかもけっこう若い女性が多く(いってみればいわゆるボーイズラブ?)驚きました。
愛之助さん、おきれいでした~素朴でおぼこで純粋な若衆がぴったりはまっていて。舞台に出てこられるたびに衣装が違って華やか!
染五郎さん男気があって火事場のシーンはものすごい迫力、階段落ちは見ていて死にそうになりました。
宝塚が好きだった時代も娘役が好きだったのですが歌舞伎でも女形にひかれます。特にキク役の中村芝のぶさん、品があってたおやかで愛らしくてうっとりしてしまいまし。
爆笑あり、ハラハラドキドキあり、そして最後は涙、涙。
毎日舞台に立たれている役者さんってすごいですね。

このところクラシックとオペラ一色だったので、久しぶりにこういう舞台を見ると新鮮です。途中入場OKとかがさごそ音を立ててもあまり気にしないとか、カーテンコールはない、とか。
今回の歌舞伎は間20分休憩をはさみ約3時間なのでちょうどオペラと同じようなかんじですね。(でもオペラで11時スタートはまずないですけど) 終演後、三笠会館で遅めのランチ。銀座は連休の中日のせいか、あまり人ごみも多くなく、そぞろ歩き。閉館まで残すところ41日間となった歌舞伎座をちら見したり、つぼみがすくしほころびかけているソメイヨシノをウォッチして帰ってきたのでありました。
[PR]
by felice_vita | 2010-03-21 19:28 | 舞台・ミュージカル

本日読んだ本

春休みで通勤電車もすいてきたおかげで、行き帰りで読了。

片桐卓也『クラシックの音楽祭がなぜ100万人を集めたのか [ラ・フォル・ジュルネの奇跡]』

CDショップにおいてあるぴあクラシックがラ・フォル・ジュルネの特集、開催まで2ヶ月弱のこのタイミングにあわせての出版だったのでしょうか。
ルネ・マルタン氏のインスピレーションのすごさ、プロジェクトXばりのこの音楽祭を日本で開催するまでの道のり、浪漫ですなぁ!いいぞ!ぴあクラシック冊子を見ると東京・金沢のほか新潟、びわ湖でもこのイヴェントがはじまるとか。
日本とフランス・ナントの違い、国民性、土地柄を読むのも面白いのですが、すごいなと思ったのが、フランスのラ・フォル・ジュルネの立ち上げに日本企業が大きな役割を果たしていたこと(ソニー・フランス、YAMAHA)、そしてこの1日中音楽梯子できるプログラムをマルタン氏自身が作成されていること。同時進行するコンサートが一斉に終わらないよう(動線)、そして移動時間も図ってのプログラミングはさながら鉄道のダイヤを組む線引き屋の世界です。
日本企業って見る目があるというか、環境さえ整っていれば日本国内とまったく違う土俵でも堂々と立ち回りできる実力を持っているのですね。カラヤンとソニーしかり、ウィーン国立歌劇場とレクサスしかり。

今年のテーマは「ショパンの宇宙」。
そういえばピアノ、単独で聴かなくなって久しいのでたまにはいってみるかなぁ。
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」
東京国際フォーラムでの開催は5月2日~4日
[PR]
by felice_vita | 2010-03-19 23:15 | 読書

ワイン会@ポール・ボキューズ大丸東京

ワインの会に行ってまいりました。

f0041305_9475646.jpgブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京
広尾、新国立美術館のお店はちょくちょく行くのですが、大丸のお店は初めて。
そもそも東京駅周辺は殆ど出かけないのでこんなところがあったなんて知りませんでした。大丸、大阪と同じようなフロア構成で12Fがレストラン、結構使えそうなお店が揃っていたので、もし東京駅で待ち合わせしてご飯をとなったら大丸に行こうと思いましたよ。

お店はガラス張りで夜景もきれいです。お席に行くまでに厨房が見えるレイアウトで、これも安心感があってGood。

でもってこの会の趣向は、お勧めワインをいただきながらワインに合った料理を楽しむ。
お値段も破格の6000円、それでお料理とワイン4種(しかも飲み放題)、めちゃくちゃお得です。

以下メニュー。

f0041305_9482226.jpg
Champagne Demoiselle Tête de Cuvée - Vranken
 →爽やかで飲み口がとってもやさしいシャンパンでした

フレッシュサーモンのマリネ ピンクペッパーの香り
爽やかなディール風味のクリームと共に


f0041305_951873.jpg
Meursault - Stéphane Brocard 2007
 →口に含んだ瞬間は軽いのですが喉を通過するとパンチがきいた白です

帆立貝のポワレときのこのフリカッセ サラダ仕立て ブール・ブランソース
 →ソースがめちゃうまです。フランスパンといただいたここの発酵バター、とろけるようで美味なのですがこのソースでいただくのも最高です。


f0041305_9542941.jpg
Côtes du Ventoux - La Vieille Ferme 2007
 →飲み応えのある赤。くせがなくフルーティでありながらボディは意外に重め。

鶏もも肉の赤ワイン煮 ブルゴーニュ風 パセリ風味のヌイユ添え
 →ほろほろとやわらかいお肉で幸せが広がります。付け合せのパスタもうまい!


f0041305_9561970.jpg
Muscat de Beaumes de Venise - Perrin & Fils 2006
 →デザートとともにいただくとフルーティな香りと味わいが見事に調和するワインです。

赤いフルーツの軽いグラタン仕立て ラズベリーのシャーベットと共に


いずれも見事にワインとお料理が調和していて至福。
大丸店での本定例会は今回が記念すべき第1回ということでお店のほうも気合が入っているのでしょうね、あちこちのお店からヘルプにこられていたようでサービスもよいですし、いろんなお話を聞かせてくださって、ワインって本当に楽しい!とあらためて感じさせてくれる素晴らしい会でした。
今後も定期的に開催されるとのことですので、次回も是非足を運びたいと思います。

あまりの美味しさにガンガン飲んで飲みすぎやん、ってかんじなのですがやっぱ美味しいワインは翌朝の二日酔いの度合いも違います。
先々週金曜日に実家に帰ったのですが、木曜日に飲みすぎてひどい二日酔い。翌朝羽田の朝一フライト、搭乗口前のそば屋で山菜そばをかっこんだのでした。(初めてです、朝からそばなんて)
今朝は二日酔いでも全身に来る酔いではなく元気です。食欲はありませんが・・・
それにしても最近めっきり弱くなりました。だんだん記憶がなくなるようになってきて危ないです(友人に迷惑かけてないのか心配)。そろそろ嗜む程度の飲み方にしなければ。
[PR]
by felice_vita | 2010-03-17 10:02 | グルメ

開花予想

f0041305_957775.jpg

千鳥ヶ淵のソメイヨシノはまだ固い蕾のまま、一輪のフライングもありません。
[PR]
by felice_vita | 2010-03-14 09:57

何処へ?

3月末で退職します。世知辛い世の中になってしまった、というか元をたどればビミョーに民主党政権のせい・・・
年間有休10日のうち、今年度まだあと8日も残ってるというのに繁忙期で休めない。(言い出せない自分の責任、てか休めない雰囲気バリバリ。日本人ですね、私も)
次の仕事見つけなきゃと焦ってはいるのだけど、働いていたら絶対にいけない年度初めの4月に旅行にいけるな~とか考えてる自分はめちゃ甘ですかね。

年明けに母親から「そんな、いつまでたってもフラフラして、今がよければいい、なんて生き方は許さない」といわれ、ま、それは現在解決したのでいいんですが。私はこういう生き方しかできない。でも母にとっては、子どもの行く末を心配する親心ですもんね。その点うちの父親はいつも達観してて、間に入ってなんとか母娘冷戦は終結。
しかし、なんでそれをまったく親しくもない人に言われなきゃいけないのか。
別にあんたにゃ何の迷惑もかけてないのだし、自分と違うからってなんで人の人生に口を出すのか、その感覚がわからない。
これが世間様ってやつですか。
久しぶりに経験しましたよ、この東京で。

それにしても我ながらこの危機感のなさ、「根拠のない楽観主義」、性格としか言えないんだけど。
でもつくづく思うのは、自分を守るのは自分しかいないってこと。会社は自分を守ってくれない、あたりまえだけど。元々そういう考えなので今回退職するにあたっても周囲が考えるほど深く悩んだわけでもなく、事情は違えども数年前のリストララッシュ時にあった「やめるも地獄、残るも地獄、どっちを選ぶ?」というような感じで、私としてはそのような状況に置かれたら迷うことなく前者を選ぶってことで。
4月から本ブログは”アラフォー女の崖っぷち就活ブログ”ですな。
とりあえず(?)本命だったところからは書類選考で落っこちた連絡が昨日参りました。まずは1戦1敗。
仕事もない、貯金もない、住まいも賃貸、リアルな年度初めになりそうです。
[PR]
by felice_vita | 2010-03-13 08:26 | 日々雑記

東フィル第52回定期@オペラシティ

東フィル、定期会員になった今シーズンのラストコンサートです。
なのに前半に間に合わず後半から。

2010年3月11日(木) 19:00 東京オペラシティ コンサートホール
東京フィルハーモニー交響楽団 
第52回オペラシティ定期シリーズ
指揮:アルベルト・ゼッダ
ソプラノ:イアーノ・タマー
メゾソプラノ:松浦 麗
テノール:シー・イージェ
バス:牧野 正人
合唱:新国立劇場合唱団

ロッシーニ/劇場用カンタータ「ディドーネの死」
ロッシーニ/教会音楽「スターバト・マーテル」

つくづく東フィルとはご縁がないというか、縁がないっていうのはことごとく自分の体調とかスケジュールと噛み合わないってことなんですね。
仕事で前半は間に合わず、しかもなんか猛烈に疲労がたまっていてしっかり聞いていたのは後半ラスト10分だった・・・
こういう状況で聞いたコンサートなので感想は思いきり差し引いていただきたいのですが、7日(日)の『ギヨーム・テル』のほうにほぼ全力を注いでしまったのかな、というようなソリスト。ソプラノ、イアーノ・タマーさん、当初キャスティングされていたマリーナ・レベカさんが急病のためのピンチ・ヒッター、キャリアをみても華々しい、とはいえこの短期間にロッシーニ3曲はかなりきつい。喉が大分お疲れのようで、高音はもう力で引き上げているというか。
メゾの松浦さん(7日はメゾはなし)、中声部は美しく朗々とした響き、ただ高音になると一気にそれがしぼんでしまうのがもったいないのだけど、メゾの音域に徹底していればそれも気にならないか。
ロッシーニ、先週末のMETのチェネレントラを見てしまったものでね。。。

それでも合唱、特に男声はよかったな~ 新国の男声は本当にハイレベルだ。
スターバト・マーテル、第9曲の無伴奏合唱、そしてラスト第10曲の合唱とオケ、これだけでこの日の演奏に拍手喝采でした。オペラシティ、合唱にはよくあうホールだな。

てなわけで私の東フィルは終了。シーズンベストは9月のプレトニョフのラフマニノフとグラズノフでした。
[PR]
by felice_vita | 2010-03-11 23:19 | 国内オケ

2010 深大寺だるま市

ひな祭りの3月3日、有休で雑用をいろいろ済ませ、午後から深大寺にいってまいりました。

深大寺だるま市
予想以上の盛況、盛大、素晴らしい様式美です。
単にだるまの市が行われるものと思っていたら大間違いです。「日本三大だるま市」なるものの1つらしく知名度も高いとか(わたしはそんなものがあることも知らなかった)。

だるまを売るお店の数も半端じゃありません。どこで買ったらいいのやら迷いに迷って、、、
f0041305_187169.jpg







f0041305_1873670.jpg






この私的にめっちゃひいきなだるまがならんでいるお店(国峰べっこう屋商店さん)で求めました。
(ひとつ上の写真は買い求めたお店ではありません、念のため)

色も多様で、私は”金運向上・金運安定・才能工場・仕事運向上”の金色だるま。
色もですがサイズもすごい種類です。選挙事務所に置いてありそうなサイズを持っている人もちらほらいて、何のお商売していらっしゃるのかしらん。
f0041305_189541.jpgf0041305_1875472.jpg







これに開眼所で目入れをしていただきました。左目に梵字で阿字を書き入れていただき、1年後願いの叶っただるまの右目に吽字を書き入れていただいて奉納するそうです。

この後2時からお練行列。厳かですが華やかで、なんというのか、奈良のお水取りに近い雰囲気かな。
f0041305_18211087.jpgf0041305_18212539.jpgf0041305_18214158.jpg






f0041305_18215749.jpgf0041305_18221443.jpgf0041305_18222842.jpg






平日の昼間なのにこの人手はすごいです。
f0041305_18254191.jpgf0041305_18255435.jpg






とても満たされた気持ちになりました。梅の花が見事に咲いていおりまさに春、近し!
あとは金色だるまの願掛けが叶うことを祈るのみ。
[PR]
by felice_vita | 2010-03-03 18:23 | 日々雑記