<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~ Volume68

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~ Volume68
2011年4月24日(日)11時~@せんがわ劇場
《出演》
枝並千花(ヴァイオリン)
桑生美千佳(ピアノ)

f0041305_1801836.jpg


《演奏曲》
エルガー:愛の挨拶
マスネ:タイスの瞑想曲
グラズノフ:瞑想曲
クライスラー:愛の喜び
フォーレ:夢のあとに
ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番「春」より第1楽章
♪アンコール
モンティ:チャールダーシュ

美貌のヴァイオリニスト、というのは使い古された言葉でありますが、枝並さんはこれに加えてものすごく強靭な音色の持ち主で、今後のご活躍が大変楽しみな方でございます。
力強く、シャープで、そしてしなやか。
中低音の音色が特に私は好きです。とっても雄弁でベートーヴェンはぴったりだ。アンコールのチャールダーシュは圧巻。テクニックをがんがん見せ付ける曲ですが、彼女の場合は細かいパッセージが非常に正確で一音たりとも弾き飛ばさず丁寧なのに巨大瀑布の水の流れのように豪快。
いやはや、春からいいもの聞かせてもらいました。

FMの2010年N響ソリストとの競演聞いてましたが、まるで昨夜の劇場版のだめ後編のような選曲で笑ってしまった。でもよかったわ。
[PR]
by felice_vita | 2011-04-24 18:06 | ソロ、リサイタル

東京タワー

f0041305_1925768.jpg

ほんまに震災でてっぺん曲がってるわ
[PR]
by felice_vita | 2011-04-23 19:25

シュルレアリスム展@国立新美術館

ここでも節電。エスカレーター、エレベータとも稼動してるのは1基のみ。
照明も間引いてます。

若者が多いとはきいていましたが、来場者の殆どが20代前半~30代半ば。
60代以上なんて、しかも女性は殆どいない。
震災の影響で人が少ないのかと思ったんだけど、きっとこのテーマだから有閑マダム層もこないのね。

私はデ・キリコ、ダリ、マグリット好きなので楽しみにしてたんですが、むむむむむ。。。。。
美術、芸術というよりも漫画、アニメ、イラストというのかな。
深読みせずに、感覚で受け入れるべし。
私はもう受け入れられない世代に入ったのかも。

アンドレ・ブルトンの「シュルレアリスム宣言」、訳文も古いせいか、まったく理解できないんですけど・・・

2Fでヴォーグが共同企画?でやってるカフェは使えます。
サロン・ド・テ・ロンド

帰りにミッドタウン通ったら、ドラマの撮影?堀北真希をみた。これまで「どこがかわいいのか」わからんかったけど、実際はめちゃくちゃかわいかった。
[PR]
by felice_vita | 2011-04-17 19:02 | 美術・建築

読売日響 オペラシティ・マチネーシリーズ

フランス、ばんざい!!!

2011年4月16日(土) 14:00 @東京オペラシティコンサートホール
指揮:シルヴァン・カンブルラン
ピアノ:ロジェ・ムラロ
管弦楽:読売日本交響楽団
コンマス:ノーランさん
プロコフィエフ/バレエ音楽〈ロミオとジュリエット〉作品64 から抜粋
ラヴェル/ピアノ協奏曲 ト長調
ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
ラヴェル/ボレロ

東日本大震災(これが正式名称なんですよね)から1ヶ月ちょっと、今日も11時ごろに栃木県を震源地とする結構なゆれがあったので、交通機関、会場設備に影響ないといいがな、と思いつつオペラシティへ。
芸劇から場所をオペラシティへ移して新年度第1回目の定期です。
本当なら今日は仕事のはずだったのが、震災の影響で延期、急遽、第1回を体験できることとなったのでした。

常任指揮者、マエストロ・カンブルラン、昨年はアイスランドの火山噴火による影響で通常ならパリ直行便12時間で日本に到着のところなんと80時間で乗り継ぎ乗り継ぎ来日してくださいました。
そして今年は震災・津波というよりも福島原発の放射能の影響で軒並み外国アーティストが来日を見合わせる中、予定通り来日くださいました。コメント、涙が出ます。

http://yomikyo.or.jp/cat8/#news-topics-1059

プログラムに先立ち、メシアンの交響的瞑想「忘れられた捧げもの」より第3部聖体が追悼演奏。細い細い雲の糸のようなヴァイオリンの音色。

そしてプログラムに入り、プロコのロメジュリ、メリハリの利いた、コントロールされた演奏であきさせません。
今回は新シーズンのオープニングに加えオペラシティでも第1回の演奏会ということもあったのでしょうか、プログラム自体がかなりの大盤振る舞いと言うのかお得なプロです。

2曲目、ラヴェルのPf協奏曲です。
ロジェ・ムラロさん、すごすぎ。休憩はさんでとはいえ、このあと同じくラヴェルの左手~なんですよ!?
1回の演奏会で2つの協奏曲やるなんて初めて聴きました。
今まで協奏曲、ソリストはスルーしてたいてい後半のプロばかり感想にかいてしまう私ですが、今回の演奏会、ムラロさんなしではなりたたない!
すごすぎです。「そうやねん、これが理想のラヴェルやねん!」と膝をたたきたくなる演奏。
左手はもうデモーニッシュというのか、圧倒されてしまって、かつオケパートもかなり盛り上がる、アゲアゲな曲で、オープニングにふさわしいのはもちろん、今の日本を元気付けるのにぴったり。
左手だけでなんて・・・絶句です。

気を取り直してラストのボレロ。
シンプルなのに何度聞いてもこの曲は印象というのか、そのときの気分によって聴きかたがかわりますね。
今日は、個性なんてことを思い浮かべながら聴いてました。
読響って本当に個性的というのか、聴くたびに「やっぱ好きやねん」と思うオケなんですよね。各パート、しかも更に細分化した個人まですごく個性的で自己主張のあるオケ(音はパートでちゃんとまとまってる)。だもんで、アンチ巨人の私であっても、東京やったらやっぱ読響やろ、と思ってしまう。時に荒削りでなりすぎなときも歩けど、でもそれも個性。
今回のボレロでは、まさしく個性、武者小路実篤的心境でした。みんな、なかよし。

終演後、サイン会(CD購入者むけ)がありました。
今回は本当に来日してくださってありがとう、うれしくってしかたない、といった事を是非お伝えしたいと直前まで考えていたのに、いざマエストロを目の前にすると用意した単語が全て吹っ飛んで頭まっしろ。
ピアニストのムラロさんもサイン会に加わってくださっており、長身、大きな手長い指で握手、しかもアイコンタクトで笑顔、というのにドギマギしてしまった。。。 マエストロもものすごく温かい手で握手をしてください、もうもうひたすら恐縮しきり。思いっきり感謝の意を伝えたかったのに。

マエストロもムラロさんもフランスの方、先のサルコジ大統領の弾丸来日、J・バーキンの来日、フランスという国について認識を新たにしているところです。
私の学生時代は確か水爆実験でヴィトン他パリの老舗ブランドから日本人の姿が消える、なんてこともあったのに。(あと日本人は働き蟻、なんて言った首相もいたっけ)
大人になって初めてわかる、オトナの事情、というのか、国の主義政策の違い。
20代の学生時代のコムスメもどきではとうて太刀打ちできる国ではなく、「パリは大人になってからいくべし」と避けけてた国ですが、世代の峠越えカウントダウン、そろそろようやく見合う歳に近づいたのかなぁ、なんてね。

とにもかくにも、音楽ってやっぱり素晴らしい、音楽聴ける喜びを身体で感じた午後でした。
あ、でもオペラシティ・マチネ、平日夜のサントリー定期のかなり客層違うので、ケータイ鳴ったり、落下物の音したり、いびきに邪魔されたりで、平日仕事帰りリーマンの聖地とはかなり様相が違うことはリマインドしておくべきかな(笑)。

f0041305_19331730.jpg


※FMでN響聞いてますがSir.ノリントンも来日なんですね。追悼曲はエルガーか。
ピリオドって、中継だとすごくアマオケっぽくきこえるわ。
[PR]
by felice_vita | 2011-04-16 18:21 | 国内オケ

いまさらレベル7なんて!

冗談じゃない。
いまさらってか、このところ海外メディアの過剰報道を「日本はこんなにひどいこと紹介されてます~」みたいに取り上げるメディアが増えてたのに、結局、そのわたしらが一番無知だったのかと。
日本人って本当に・・・ 涙ぐましい。
尋常じゃないよ。チェルノブイリ並みって。
今後外国からの来日が更に激減するのは必須。
日本人もいったいどうしたらいいの?
政府は無責任すぎる!(というのももはやむなしい)

今朝の8時過ぎの余震。
ちょうど笹塚で都営線に乗り換え発車を待っていたら、車両内の乗客のケータイが一斉に地震緊急速報のあの不快な音を大合唱。異様な光景でした。
そして今回はその直後に揺れがきたわけで。
いつまで続くの、この余震。
[PR]
by felice_vita | 2011-04-12 20:12 | 日々雑記

上を向いてあるこう

サントリーのCMだったのですね。
見るたびに涙、涙。
http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/l_s/corp.html?fromid=movt_corp
詩の朗読もよいけど、音楽の力ってやっぱり偉大。

今日は(行ってませんが)フィレンツェ歌劇場のオペラ公演が市長命令で中止となって途中帰国されたマエストロ、メータが急遽来日し「ノモリ」、東京文化会館で第九公演。
そして次の週末からは読響の常任指揮者カンブルラン氏が不屈の魂で来日、ラヴェル他、聞かせてくださいます。
首都圏のクラシックシーンは、指揮者やオケの来日いかんで真っ二つ。
カンブルラン氏、昨年はアイルランドの火山噴火によるフライトパニックにも関わらず数々の空港を経由し来日、そして今回も外国人が軒並み来日自粛する中の来日。
それだけでも涙がでます。

計画停電ってなんだったんだろう・・・
東電は原発事故、大気汚染、海洋汚染、計画停電、そしてこれらにより与えられた生活への影響、不況の創出と、これを金額に算出したら、天文学的な数字になる損害を与えている。
エスカレーターの停止、駅構内・車両内の照明不点灯、小売店の節電にもなれたけど。
今朝都知事戦投票後、朝一番のお店の開店にあわせて出かけて、震災以来はじめてヨーグルトを買うことができました。
品薄は解消されているとはいえ、ヨーグルトやら乳製品・発酵食品は、夜仕事帰りの時間帯にはまず手に入りません。
[PR]
by felice_vita | 2011-04-10 20:07 | 日々雑記

余震の悪夢

昨夜の地震、東京でも激しい揺れを感じた。

地震から一ヶ月たち、ようやくかすかながら復興への光が見え始めた矢先のこの地震。
震度6の余震の可能性も10%と低い予知がなされていたのに。
なんでこんなひどい目にあわせるのか。
神様なんていない。
そんな風に思ってしまう。
[PR]
by felice_vita | 2011-04-08 22:03 | 日々雑記

あっという間に満開

f0041305_2059018.jpg

千鳥ヶ淵の桜は一日で満開です。
日中はもちろん、夜でもライトアップは中止にも関わらずかなり花見客がいます。ライトアップない分、ユッタリと花見できるかも。
[PR]
by felice_vita | 2011-04-06 20:59

変わりにsamantha thavasa

f0041305_713342.jpg

samantha thavasaジェットを発見。
[PR]
by felice_vita | 2011-04-01 07:13

鶴丸がいない

f0041305_6241036.jpg

今日から鶴丸が復活かと思っていたのだが…
[PR]
by felice_vita | 2011-04-01 06:24