真央ちゃんの銀

ショート、フリーとも、12時半~13時半が昼休みのわが職場にはありがたかったです。ただ、フリーの真央ちゃんも13時半スタートでしたがここはもう職場総意でワンセグにかぶりつき。
ジャンプがひとつ飛べなかったのは残念だったけど、ラストのステップ、すさまじい気迫、血の滲む、どころか血を吐くような練習がこの後ろにあることを想起させ、背筋が寒くなるほど。菩薩の真央ちゃんがあの場面では阿修羅のようだった。
結果は銀でしたが、真央ちゃんの目標とするものの高さに、そしてバンクーバー入りしてからもマスコミのインタビューに丁寧に答える姿に、試合後の、悔しさに涙をこらえきれなくなった心境に、19歳なのに職人ともいえる求道精神を見せつけられ圧倒されました。
インタビューでは、見ているのもつらくなって一緒に涙してしまった。。。
曲げられない女、真央ちゃん、これからの彼女のスケートがますます楽しみになりました。
[PR]
by felice_vita | 2010-02-27 08:24 | スポーツ
<< 2010 深大寺だるま市 大阪フィル第47回東京定期@サ... >>